SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

これでいいのだ?! (月イチゴロー 5/7)

2011年5月7日、吾郎主演の舞台「ぼっちゃま」が開幕しました。初日を観劇された方々がtwitterで呟いておられましたが、吾郎の演技は素晴らしく、カーテンコールは3回で客席はスタンディングオべーションだったそうです。私は今回2回見られますが今から楽しみです。千秋楽まで無事成功しますように。

そんな舞台初日に放送された「月イチゴローGWスペシャル」。舞台稽古の最中に収録された為ゴローさんは少々お疲れ気味で声もやや掠れ気味でした。でもその物憂げな雰囲気が何ともいえずアンニュイでセクシーだと思えたのですから、ファンというのは残酷なものです(苦笑)。
今回のゴローさんは白シャツに蝶ネクタイ、タキシード風のスーツ、といかにもぼっちゃま風の衣装でカッコ良かったです。そして少し痩せて身体が締まった様に見えました。
さて、今月のランキングは以下の通り。

1. ブラック・スワン
2. SOMEWHERE
3. これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫
4. イヴ・サンローラン
5. ガリバー旅行記

5位の映画についてはゴローさんは最初から語る気無し!「こういう映画は好きじゃない」から始まって、「主人公がメタボじゃダメでしょ」「CGはすごいけど、予告で見れば充分」とけだるくバッサリ斬っておしまい。
4位はイヴ・サンローランのドキュメンタリーで、錚々たる顔ぶれの有名人も登場するそうです。「自宅の美術品がすごい」「60年代、70年代のヨーロッパの文化に興味のある人にはたまらないでしょうね」と、4位の割には褒め言葉が並びました。順位が下の割に高評価、というパターンです。
3位はギャグ漫画家赤塚不二夫さんと編集者の物語。「赤塚さんが天国から見たらきっとほめてくれると思う。B級映画感がいい」と先ず褒めましたが、「でもこの映画の中でやってるおバカは理解できないよね」と一転辛口になり、「バカを一所懸命演じようとした所が出てしまったのかなぁ…」と首を捻りました。一方「赤塚さんのマザー・コンプレックスというか、母親を思う気持ちを浅野忠信さんは素晴らしく演じていた」ともコメント。大下さんが「4位のイヴ・サンローランの方が…(高評価)」と突っ込むと、「そうですね、この辺は編集で何とかしといて下さい」とゴローさんはしどろもどろに(笑)。
2位は去年のベネチア国際映画祭で賞を勝ち取ったソフィア・コッポラ監督の作品。「大人の孤独感、孤立感がすごく伝わる」「何も起こらない事にリアリティがある」「ソフィア・コッポラ監督ってすごいかも知れない」と作品の質をとても褒めていました。
そして「ブラック・スワン」については「堂々の1位ですね。観る前はただのバレエ映画だと思っていたんですよ。スポ根ものみたいなものかと思ったら、サスペンス、ホラーだった。」と興奮気味に語り、「美と狂気のアンサンブルですね。」とゴロー語録が飛び出しました。「ナタリー・ポートマンがアカデミー賞主演女優賞を取ったのも納得ですね。これが縁でブラック・スワンの振付師の方と結婚したんですよね…おめでとう、ナタリー・ポートマン!」と締めくくりました。

ゴローさんは少々お疲れ気味でしたが、映画を語る情熱は疲れてはいませんでした。さすが!来月も楽しみです。


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

はちミツ

Author:はちミツ
【注意:当ブログの内容の無断転載は禁止します。】

稲垣吾郎さん大好き、5スマ大好き!の主婦。
吾郎ファン歴は24年目になります。
神奈川県在住。

近況
①毎週水曜日は「an・an」の「稲垣吾郎のシネマ・ナビ」をチェック!。
②吾郎出演映画「少女」は2016年10月8日公開♪
③吾郎出演ドラマ「不機嫌な果実」のDVD、Blu-RayBOXは2016年10月19日発売♪
④「ゴロウ・デラックス」(TBS)もお見逃しなく!


メールは↓へ。
walkwithgoro☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログパーツ
クリックで救える命がある。
リンク集
リンクなさる方はお声をかけて下さい♪
情報リンク
こちらもどうぞ♪
/div>
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる