FC2ブログ

Walking with GORO

稲垣吾郎さんとSMAPと新しい地図と。すべてが好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

Top Page › GORO › 国際哀愁探偵団 (「哀愁探偵1756」 3/4)
2011-03-06 (Sun)  08:59

国際哀愁探偵団 (「哀愁探偵1756」 3/4)

今まで謎に包まれていた哀愁探偵ですが、今回驚きの事実が明らかに。なんと国際哀愁探偵団という組織の一員だったのです!
そして探偵さんは本部から「助手の山田はどうなんだ?」と聞かれているらしい、つまり助手は査定されている訳です。
そう言われた助手の山田くんは「クビってことですか?」とあっさりと聞き返しました。「うん…どうも哀愁の理解の度合いが足りないんじゃないかと」と探偵さん。「僕には1756というコードネームがあるけど、君にはないでしょ」などという茶番劇があって、今回は助手の山田くんに哀愁を理解して貰う為に街で密かに活動する哀愁探偵さん達を訪ねる事になりました。
二人が訪ねたのは昔懐かしいミニカーのお店。私も子供の頃はミニカーが好きだったので懐かしかったです。ここの店主が哀愁探偵2315さん。「日産1号」の意味らしいです。「ミニカーの魅力は省略の美学」「機能よりもフォルムの美しさ」…マニアックな言葉が2315さんと1756さんから次々と飛び出します。1756さんの瞳は段々と輝きを増して…。
とそこへ現れたのはスーパーカー消しゴムのコレクター、哀愁探偵0005さん。香川から讃岐うどんのお土産を持って1756さんを訪ねて来てくれました。そこで1756さん、2315さん、0005さんとでスーパーカー消しゴムでレースをしたり、写真の一部を見て車種を当てるクイズをしたり。ゆるい中にもマニアックで濃いひとときになりました。1756さんが童心に帰って遊んでいるのが微笑ましく面白かったです。
実は今回ゲストさんはいなかったのですが、それを忘れる位楽しかったです。探偵さん(と助手くん)とスタッフが楽しんで番組を作る事が一番良い事なのでしょう。地味でしたがすごく楽しかったです。

「こんしゅうのリエコ」は縄跳びダイエットでしたがリエコさんが足をくじいてしまった為お休み。無理しないでね、リエコさん。

それにしても国際哀愁探偵団という割に、コードネームを自分で決められるあたりがいい加減というか…(笑)。


拍手ありがとうございます

スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可