FC2ブログ

Walking with GORO

稲垣吾郎さんとSMAPと新しい地図と。すべてが好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

Top Page › 雑誌 › お宝雑誌
2010-09-03 (Fri)  01:21

お宝雑誌

ライブに「刺客」にと怒涛の情報ラッシュですが現在発売中の「TVガイド」と「SMAPマガジン」は、ファンにとってお宝雑誌です。

「ガイド」はカニ蔵が表紙でスマスマの特集。5人へのアンケートが興味深いです。特に「5人がスマスマのスタッフだったら、プロデューサー、カメラマン、スタイリスト、ディレクター、ADのうち誰がどの仕事を担当しますか?」と言う質問への吾郎の回答が深かったです。自分をプロデューサーだと答えたのですがその理由が、

「意外に社交的なので人に頭を下げる事が出来る」

これを読んだ時心の底から感動しました。プロデューサーというとエライ人というイメージがありますが、吾郎はこういう風にとらえていたんですね。私、この人のファンでいて良かったとしみじみ思いました
「この理由を読むと、なかなかいい仕事をしてくれそうな気が…」と、編集部がコメントしてくれているのも嬉しいです
その他にも「市川カニ蔵with稲崎吾郎リポーター 表紙撮影密着レポ」とか、ビストロやトークについてとか、メンバーの素直なコメントが読めてすごくお得です。スマスマを1時間見るよりこの特集を読む方がワクワクしたのは気のせいでしょうか?

そしてファンが大絶賛の「SMAPマガジン」。これだけ完璧な雑誌(写真集)はめったにないでしょう。1ページめくる度ワクワクドキドキそしてウットリ
私がお気に入りの写真は82ページと83ページの吾郎。やっぱりモノクロの写真が良く似合う人です。
鞄の中身にもいかにも吾郎らしい美意識が反映されています。
でも今回一番感じたのは5スマ好きで良かった、と言う事です。吾郎は別格としても、どのメンバーの写真も対談も全部いい!1冊丸々楽しめました。
現在品切れ状態ですが、9月6日頃には増刷分が本屋さんに並ぶそうです(an・an編集部の方がtwitterでお知らせしていました)。私は読む用と保存用の2冊は買いましたが、切り抜き用(?)にもう1冊買おうかと思っています。


拍手ありがとうございます
以下お返事

>YUEさん
「十三人の刺客」、ヴェネチアでの9日の上映を前にいろいろワクワクしますね。今回吾郎はヴェネチアへは行かないみたいですし(残念!)、映画雑誌のインタビューも今のところなさそうですが、注目される事は間違いないでしょう。吾郎は今までも役者として良い仕事をしていますが、今回やっと実力に見合った評価を貰えるのではないかと期待しています。本当に楽しみです。東京ドームで前売を買って、映画を見たら感想を投稿して…出来る限りの応援をするつもりです。
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可