FC2ブログ

Walking with GORO

稲垣吾郎さんとSMAPと新しい地図と。すべてが好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

Top Page › SMAP › 言い訳も萌えもいっぱい♪ (「SMAPがんばりますっ!2010完全版」 6/27)
2010-06-29 (Tue)  13:51

言い訳も萌えもいっぱい♪ (「SMAPがんばりますっ!2010完全版」 6/27)

日曜日の午後放送されたテレ朝の「がんばり完全版」。7月1日の「毒トマト殺人事件」の番宣の為の再放送かと思ったら、未公開シーンも沢山盛り込んだとても楽しい番組でした(これが全国放送で無かったのが本当にもったいない!)。メンバー5人が必死にがんばるなか、別にカメラを回し役者さん達がそれに合わせて演技をするという前代未聞のドラマがとても楽しみになりました。
吾郎の「24時間以内にカラオケで100点」ではカラオケボックスに呼ばれた吾郎が部屋のカーテンを開けて外を眺め、
「うわあ、きれい。この近くの美術館でルノアールやってるんだよね…。100点が出て早く終わったら見に行っていいでしょ」
と呑気な発言をする姿が萌えでした。この映像に「しかし!この後稲垣が美術館に行く事は無かった…」というナレーションが被ったので可笑しさが倍増です。
その後は、本放送でも流れましたが言い訳のオンパレード。「モニターが低い」だの「機械がおかしいんじゃないの」とか、言いたい放題ですが吾郎が言うと何となくおかしいから腹が立ちません。ついには「音が小っちゃい」と文句を言った途端100点が出て「全然盛り上がらない」と自分で頭を抱えていました。
でも言い訳ばかり言っていた訳ではありません。森山直太朗さんの「さくら(独唱)」を歌い過ぎて声が掠れて来た時、「15分休んで森山直太朗さんの歌を聴いて、正確な音程を確かめる。きっと間違えて覚えちゃってる所があると思うんだ。」と吾郎が言った時には(この人のファンでいて良かった!)と心から思いました。その冷静な判断と目に見えない努力があったから100点が出たのですね。100点を出した「さくら」をフルコーラスで聴きたいです。
その一方でカラオケボックスの内外では密かにドラマの撮影も行われていてそのメイキングも少し流れましたが、「まさか!」という所に役者さんがいてびっくり。出来あがった「毒トマト~」を5人がモニターで見た時も(試写会?)「うそォ!」「ええっ!」「怖ぇ!」とみんな驚いていました。
でも一番面白かったのは「がんばり」の生放送終了後の5人のリアクション。「知らないうちにドラマを撮影していた」という説明をいまいち理解できなくて、素でポカンとしていたのが最高にオイシかったです。

さて、7月1日が本当に楽しみ!!


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可