FC2ブログ

Walking with GORO

稲垣吾郎さんとSMAPと新しい地図と。すべてが好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

Top Page › GORO › Chim↑Pomの【ライフ編】 (忘文 ~Beautiful Season 1/31)
2010-02-02 (Tue)  08:10

Chim↑Pomの【ライフ編】 (忘文 ~Beautiful Season 1/31)

「ショッキングなアートを生み出すChim↑Pomの皆さんのライフに迫ります」

「エリィ」
リーダーではない。「頂点みたい」「船の舳先に立って方向を指している女神」なのだそうです。エリィさんは勘がいいそうですが、吾郎は「僕はないですね」。エリィさんは自分の事を「何が大事か分かる」と説明。そんなエリィさんは死についていつも考えていて「ドームで死ぬのが私のロマン」。親しい人に囲まれて死にたいのだそうです。

「モナリザ」
エリィさんが大好きな絵。500年位しか経っていないのに、世界で一番有名な絵だからそうです。「作品として好きなのか、それとも人物として好きなのか」との吾郎の質問には「作品として好き」と即答していました。

「満員電車」
人間のすごさ、ヤバさを感じる。人との距離感とかに秩序がある。
吾郎は最近満員電車に乗ったそうで、「慣れていないせいか疲れた」と言っていました。「何か普通のおじさんに思われ、女子高生にこんな風に(避けるように体をよじる)されて・・・本当は近寄りたい人いっぱいいるんだぞ!と思った」との吾郎の言葉にChim↑Pom全員が大笑い。

ここでChim↑Pom の忘文を紹介。

「うまれてみるもんだよね」

うまれてみなければわからない、やってみなければわからない。その当たり前の事に気付けるか。

「夢」
目標は設定しない。人とのネットワークを大切にする。志を売りたい。

今回は若い人が相手だったせいか、吾郎がリラックスして話していたのが印象的でした。
(上手くまとめる事が出来ませんでした。分かりにくい文章ですみません。)


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可