FC2ブログ

Walking with GORO

稲垣吾郎さんとSMAPと新しい地図と。すべてが好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

Top Page › 日常 › 隣にある恐怖
2009-12-01 (Tue)  18:59

隣にある恐怖

今日見かけたささやかな光景です。

車で買い物に出かけ、郵便局の駐車場に入ろうとしました。この駐車場は郵便局の建物の裏にある為、出入りするには建物と塀との間の通路を通ります。この通路は狭いので車がすれ違う事は出来ず、人が通路を歩いている時も車は最徐行して人のわきを通って行きます。
私が通路に入った時、前に一台車が止まっていました。見るとその車の前に一人のおじいさんがスーパーの袋を手に提げて歩いています。つば付きの帽子をかぶって、黒っぽいブレザーの様なジャケットを着た上品そうなおじいさんです。でもこのおじいさんは足元がおぼつかなくてよぼよぼと歩いているのです。しかも後ろから車が来ている事に気が付いていないのか、気が付いていても機敏に動けないのか、車の前をよぼよぼと歩き続けていたので、通りかかった郵便局の人がおじいさんに声を掛けて少しわきの方へ誘導してあげました。その間に前の車はおじいさんの横をすり抜けて駐車場に入りました。
私はおじいさんに接触するのが嫌なので追い抜かず後ろからついて行く事にしましたが、ちょっと待てよ、と思いました。
この先には駐車場しかありません。その駐車場に向かってこのおじいさんは歩いているのですが、まさかこのおじいさん、自分で運転するつもりじゃないでしょうね?
足も弱っていて、後ろから車が来ていても上手に横に避けられない人が運転するなんて危な過ぎます。きっと運転席に誰かが待っていて、その人の運転で帰るのだろう……と思ったその瞬間。
おじいさんが右手をジャケットのポケットに入れたのです。
ええーーーっbikkuri01私は我が目を疑いました。
おじいさんはポケットから車のキーを出すと、ゆっくりよぼよぼと自分の車に近づいて行きました。助手席のドアを開けて荷物を置くとドアを閉め、よぼよぼと運転席に回りました。その間に私は空いたスペースに車を停めましたが、おじいさんが気になってその様子を見ていました。
おじいさんはよっこらしょ、といった感じでゆっくりと運転席に乗り込むとシートベルトを締めました。そして前向きに止まっていたモミジマークのセダンをまっすぐバックさせ、止まっていた車に辛うじてぶつからない位の大回りで方向転換すると、 ゆっくりと駐車場を出て行きました。
正直、怖いと思いました。

今まで考えていませんでしたが、実に色々な人が車を運転しているんですね。
特にお年寄りの場合は、知らず知らずのうちに運転能力が落ちている事もあります。
でも家族に注意されても本人が止めない場合もあるでしょうし、能力の衰えを自覚していても一人暮らしで車なしでは生活できない場合もあるでしょう。
私の母も70代後半ですが、どこへ行くにも車で出かけます。
今のところ母の運転能力は問題ありませんが、いつどのように運転をやめさせるか、やめた後の移動手段はどうするのか、私も考えておく必要がありそうです。


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

* by えす
はちミツさん、こんばんは♪
お年寄りの車の運転は、確かにこわいですね。
実家の父は今、70代ですが、70に入ったあたりですぱっと運転を
やめました。父は以前会社で総務部所属でしたが、役員の運転手
なども兼ねていました。
そんな父が、運転をやめたのは運転の怖さをよく知っているからな
ような気がします。対人の被害は本人も含めて、後悔することが
沢山ありますしね。そんな父を私は尊敬しています。(自慢話になって
すいません。)

でも駅に遠い方、特にお年寄りは足がないのが、不便ですよね。
最近は市内を走る豆バスのような物がふえてきましたが、
まだまだ家の近所では本数が少ないです。
これからは高齢者社会になるのですから、こういう事を
改善していけたらいいですね♪

最後に、吾郎ちゃん気をつけてね!深い意味はなく、ホンとの本心です。
すいません。


本当に怖いと思いました * by はちミツ
えすさん、コメント有難うございます。

> 実家の父は今、70代ですが、70に入ったあたりですぱっと運転を
> やめました。
> そんな父が、運転をやめたのは運転の怖さをよく知っているからな
> ような気がします。

本当に立派なお父様ですね。
車の便利さに慣れてしまうと、運転を止めるのはなかなか難しいようです。自分で運転できるという事は好きな時に好きな所へ行けるという事でもありますから。
私の母の事を考えても、運転をやめた後代わりの移動手段をどうするかという問題があります。いつも私が送り迎えできるわけではありませんし、私の近所は道が狭くミニバスも通れないと思うのでなかなか頭の痛い問題です。
免許を返したお年寄りはタクシーに安く乗れればいいのに、と思います。

吾郎に限らずだれでも安全運転が第一ですよね。私も気をつけます。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

はちミツさん、こんばんは♪
お年寄りの車の運転は、確かにこわいですね。
実家の父は今、70代ですが、70に入ったあたりですぱっと運転を
やめました。父は以前会社で総務部所属でしたが、役員の運転手
なども兼ねていました。
そんな父が、運転をやめたのは運転の怖さをよく知っているからな
ような気がします。対人の被害は本人も含めて、後悔することが
沢山ありますしね。そんな父を私は尊敬しています。(自慢話になって
すいません。)

でも駅に遠い方、特にお年寄りは足がないのが、不便ですよね。
最近は市内を走る豆バスのような物がふえてきましたが、
まだまだ家の近所では本数が少ないです。
これからは高齢者社会になるのですから、こういう事を
改善していけたらいいですね♪

最後に、吾郎ちゃん気をつけてね!深い意味はなく、ホンとの本心です。
すいません。

2009-12-01-23:01 * えす [ 編集 * 投稿 ]

本当に怖いと思いました

えすさん、コメント有難うございます。

> 実家の父は今、70代ですが、70に入ったあたりですぱっと運転を
> やめました。
> そんな父が、運転をやめたのは運転の怖さをよく知っているからな
> ような気がします。

本当に立派なお父様ですね。
車の便利さに慣れてしまうと、運転を止めるのはなかなか難しいようです。自分で運転できるという事は好きな時に好きな所へ行けるという事でもありますから。
私の母の事を考えても、運転をやめた後代わりの移動手段をどうするかという問題があります。いつも私が送り迎えできるわけではありませんし、私の近所は道が狭くミニバスも通れないと思うのでなかなか頭の痛い問題です。
免許を返したお年寄りはタクシーに安く乗れればいいのに、と思います。

吾郎に限らずだれでも安全運転が第一ですよね。私も気をつけます。
2009-12-02-23:57 * はちミツ [ 編集 * 投稿 ]