FC2ブログ

Walking with GORO

稲垣吾郎さんとSMAPと新しい地図と。すべてが好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

Top Page › その他のTV › 「ジャングル大帝」
2009-09-06 (Sun)  23:14

「ジャングル大帝」

昨夜は「こち亀」→「ジャングル大帝」→「スマステ」とTV漬けでした(いつもの事か)。

子供の時「ジャングル大帝」は見ましたが、はっきりとは覚えていないので、昨夜のを見て「こんな話だったっけ?」と思いました。新聞TV欄の解説を見たら、今回のはオリジナルストーリーだったそうですね。脚本は鈴木おさむさん。原点を大事にしてさえ下されば、色々なジャンルに挑戦するのは良いと思います(←偉そう)。

環境破壊が進む地球で人工のネオジャングルに動物達を移住させる、という話はいかにも手塚ワールド。「火の鳥・未来編」の中の、滅亡寸前の地球で生物を作る実験をする猿田博士の話を思い出しました。
ネオジャングルを経営する社長がキレて、「消去だ!」(ネオジャングルの特定の動物を殺すという意味)「リセットだ!」(ネオジャングルのシステムをリセットするという意味)と叫ぶのが怖かったです(後半何度「リセットだ!」と叫んだ事か)。その点猿田博士の方が生き物を愛していましたね。
自然を支配しようとする人間の傲慢さ、愚かさがテーマ。これは「火の鳥」シリーズでも一貫したテーマですね。読んだ後でドーンと谷底に突き落とされる様な感じがあって、それが手塚マンガの特徴だとも思います。
とはいえ、レオはやっぱり好きです。高い所を怖がるところも可愛い♪・・・って、誰かさんに似ている様な??
続編が作れそうな終わり方でしたが、さて?


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可