FC2ブログ

忘文 8/9

「年の離れた友へのエール」
旅をしながら写真を撮り続ける三井昌志さんへ中谷さんという女性からの応援の忘文です。三井さんのHPを中谷さんが見たことで交流が始まりました。当時中谷さんは71歳で中学生。三井さんの撮るアジアの人々の笑顔の中に50年前、60年前の日本人の姿が重なると言います。自分自身敗戦直後の混乱と貧困の中で必死に働いてきた事と重なるのだそうです。三井さんの写真はみな自然な笑顔。「幸福は自分で見つけるもの」というメッセージが伝わってくるそうです。

「うみへいくピンポンバス」 竹下文子作 鈴木まもる絵
家族みんなでバスに乗って出かけるワクワクした感じが楽しく伝わってくる絵本です。郵便屋さんの「ピンポン!」の声が心地よく聞こえました。

昨日はKさんのオフ会にお邪魔して皆さんと楽しくお話しさせて頂きました。皆さんの吾郎愛が伝わって来て、これからも吾郎を応援していこうと元気が出ました。
Kさん、皆さん有難うございます。


拍手ありがとうございます

スポンサーサイト



コメント

こちらこそありがとう

はちミツさん、先日は拙宅のオフ会にいらしてくださってありがとう。うちのオフ会の中では中濃レベルながら、それでもとても表では語れないことばかりでした(笑)。

  吾郎を好きな人たちが集まって、皆が思ったことを吐き出したり、いっしょに萌えまくったりできるって本当に幸せなことですね。そしてそれだけのエネルギーを与えてくれる稲垣吾郎という人は本当に類まれな、唯一無二の人です。これまでもこれからもずっとずっと吾郎のファンでいるだろうと確信しています。ええ例え明日地球が滅ぶことになっても。

  どうぞまた次の機会がありましたら、是非お会いしたいですね。これからもはちミツさんのブログで、吾郎やスマップに対する熱い思いを発信していってください。

とても楽しかったです♪

Kimさん、本当にありがとうございます。
初めてお会いした方ともすぐに打ち解けてお互いに楽しくお話し出来て嬉しかったです。吾郎を好きになって本当に良かったと思いました。そしてこういう場を設けて下さったKimさんに改めて感謝しています。
中濃レベルのお話、とても楽しかったです(笑)。また次の機会に聞かせて下さい。

お互いこれからも吾郎を応援するために出来る限りの事をしたいですね。これからも宜しくお願いします。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)