FC2ブログ

月イチゴロー 6/27

正確にはフタ月イチゴローでしたが、吾郎のビジュの良さに先ず満足しました。カフェオレ色のスーツが良く似合っていて、少し前髪を切ってすっきりしたお顔も見目麗しかったです。慎吾も言っていましたが初めのお料理の紹介がだんだん丁寧になってきて、ここだけ見るとグルメ番組のよう。吾郎は今回はお茶目な「うまい!」を連発して、ここだけで私は萌え死にそうでした上


[今月のランキング]
1.I Come with The Rain
2.ガマの油
3.愛を読むひと
4.人生に乾杯
5.レスラー

1位にした映画に対して案外辛口だったり、逆に下位の映画を褒めたり、「an・an」の映画レビューで絶賛した作品が1位にならなかったりと一筋縄ではいかない月イチですが、今月はごく自然体で淡々と語っていた気がします。
バッサリ切ったのは5位の「レスラー」でしたが、これも映画の内容よりも主演のミッキー・ロークに対する見方が原因だったと思います。3位の「愛を読むひと」については「an・an」で戦争協力の問題についても触れていましたが、時間が限られたTV番組の中ではそこまでは突っ込めないのでしょうか。その代わり大下さんに「年下の男性は好きですか?」「愛を読んでくれる人はいるのかな?」と質問してからかっていたのが面白かったです(大下さんごめんなさい)。
順位が下の割に褒めていたのが4位の「人生に乾杯」。今月は見る人によって好き嫌いが分かれそうなクセの強い作品が並びましたが、その中で一番万人受けしそうな感じで、私はこれが一番見たいです。吾郎も「倦怠期の夫婦やカップルにお勧めのデートムービー」と言っていましたし。「30歳を過ぎると老いることに対する恐怖心が出て来る」という吾郎の言葉にちょっとハッとさせられました。

そして注目の1位は「I come with The Rain」。吾郎曰く「メンバーの映画だから依怙贔屓というわけじゃなく、本当に好きな映画」。でも誰にでも勧められるタイプの映画ではなさそうです(慎吾も同じことを言っていましたね)。血が一杯出てくるそうですし、テーマも難しそうですが自分の内面と向き合うには良いのかも知れないと思いました(ええ、私はまだ見ていません。)

ところで慎吾は「イ・ビョンホンの腹筋の一粒でいいから触りたい」と言っていましたが、それよりも自分の腹筋をイ・ビョンホンの腹筋みたいにする方がいい・・・と思う・・・よ汗あせ


それにしても吾郎さん自身の映画出演の話はまだですか?


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)