FC2ブログ

忘文 6/21

「夢を追う青年へ 応援メッセージ」
こういう絆を持てる人は絶対に幸せな人ですね。同じ病室に入院したのがきっかけで、お互いが深く信頼しあい全てを委ねられるような関わりを持つようになるなんて、人と人の出会いは不思議です。青年は紆余曲折を経て今移動販売のカレー屋さんをしています。「一人でやっているんですか?!」と郵便屋さんは少し驚いていましたが、夢に向かって前進している青年はとてもキラキラ輝いて見えました。今までこの番組に登場した方々の中でおそらく一番幸せそうに笑っていたと思います。きっと成功するでしょうにっこり

「さいこうのいちにち」 ジョン・ウィリス・文 トニー・ロス・絵 小川仁央・訳
とても絵がきれいです。たった一日だけ地上で生きられるかげろうの目を通じて世界の美しさ素晴らしさに気付かせてくれるお話です。
「年は何年生きたかではなく、その間に何をしたかで決まる」というような言葉を聞いた事がありますが、確かにそうかも(反省)。


今回の世界水泳にはマメプリは登場しないみたいですね涙。新しいお仕事情報はまだですか~?


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)