FC2ブログ

Walking with GORO

稲垣吾郎さんとSMAPと新しい地図と。すべてが好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

Top Page › 未分類 › ジェットコースターのような一日
2020-02-13 (Thu)  23:47

ジェットコースターのような一日

今日は良いことも悪いことも色々とあった日でした。

先ず良いことから。
1.大林宣彦監督「海辺の映画館 ~キネマの玉手箱」4/10(金)公開決定&予告編公開
吾郎も出演している大林監督の最新作「海辺の映画館 ~キネマの玉手箱」の公開日が4/10(金)に決まりました!そして待望の予告編も公開です。
予告編は↓の記事の一番下にあります。

稲垣吾郎、武田鉄矢ら豪華キャストが集結 大林宣彦監督の最新作予告映像解禁 (オリコンニュース)

吾郎演じる大久保利通は一瞬登場するだけですが、なるほど大久保利通らしいビジュアルになっていて納得しました。戦争と原爆がテーマのようですがコミカルな空気も感じられて、どんな映画になっているかとても楽しみです。大林監督渾身の作品をしっかり受け取りたいです。

2.パラ駅伝2020に吾郎・剛・慎吾が出演
3/15(日)に駒沢オリンピック公園陸上競技場で行われる「パラ駅伝2020」にパラリンピックスペシャルサポーターの吾郎・剛・慎吾が出演します。3年続けての出演ですね。特に今年は東京パラリンピック本番の年なので大いに盛り上げたいです。

パラ駅伝2020 公式サイトは こちら

それに伴い、2/15(土)10:00からチケットの抽選発売を受け付けます。

チケット発売方法については 新しい地図topics をご覧下さい。



そして悪いことは・・・
皆さんご存じと思いますが、槇原敬之さんが覚醒剤所持容疑で逮捕されました。言うまでもなく「世界に一つだけの花」の生みの親であり、SMAPの恩人です。槇原さんが逮捕されるのは1999年以来2回目。20年経っても薬物と縁を切るのは難しいのでしょうか。恐ろしいことです。
私は槇原さんの曲が大好きです。
「どんなときも」「もう恋なんてしない」「遠く遠く」「冬が始まるよ」・・・
そしてSMAPに提供してくださった「世界に一つだけの花」「Love & Peace Inside?」、時に心を和ませてくれたり時に力づけてくれたり、どの曲も私には大事な宝物です。
まだ全容がはっきりしていないので事件について断定的な事は言えません。でもこれだけは言わせてください。

作品に罪はない。

作家と作品は別のものとして扱うべきです。
1999年の事件の時、槇原さんのCDが一斉にCD店から撤去されるのをニュースで見て異常だと思いました。事件は許されませんが彼の作品が多くの人を幸せにしたことも事実だからです。でもこれ以降、薬物に限らず芸能人が事件を起こすとその作品が封印されるのが当たり前の慣例になってしまいました。
今回は2回目なので(もし本当にやったとすれば、ですが)以前より厳しい社会的制裁が加えられるかも知れません。でも作品は封印しないで欲しい、と願っています。


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト



最終更新日 : 2020-02-14

Comment







管理者にだけ表示を許可