FC2ブログ

Walking with GORO

稲垣吾郎さんとSMAPと新しい地図と。すべてが好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

Top Page › パラリンピック › テーマはインクルーシブ(…?)
2020-01-26 (Sun)  07:20

テーマはインクルーシブ(…?)

今日のタイトルはちょっと自信なさげなのです。実はまだよく分かっていないので…。

inclusive (形)…全てを含んだ、包括した、~を含めて、入れて 
(研究社 新英和中辞典による)


突如やってきたキーワードは「インクルーシブ」。辞書によれば「全てを含んだ、包括的な」という意味です。
そのインクルーシブ社会を目指す「I'm POSSIBLEアワード」国内選考委員に吾郎が選ばれました。
国際パラリンピック委員会特別親善大使としてのお仕事です。

「I'm POSSIBLE」については こちら

パラスポーツを取り入れた授業を通じて様々な人々が共生出来る「インクルーシブ社会」への理解を深める教育プログラムで、世界中で行われているようです。
そして特に優れた活動をした学校を「I'm POSSIBLEアワード」として東京パラリンピック閉会式で表彰するそうなのですが、その国内選考委員に吾郎が選ばれたのです。
パラリンピックはパラスポーツの競技をするだけではなく、教育の場でもあることを初めて知りました。これも吾郎が関わることになったから気付いた事です。
パラリンピックのお仕事を通じて社会に貢献できるのは名誉なことですね。私まで誇らしいです。


拍手ありがとうございます


スポンサーサイト



最終更新日 : 2020-01-28

Comment







管理者にだけ表示を許可