FC2ブログ

Walking with GORO

稲垣吾郎さんとSMAPと新しい地図と。すべてが好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

Top Page › GORO › 常に挑戦者
2019-11-18 (Mon)  23:47

常に挑戦者

「家の光」と聞いてもピンとこなくて道徳か宗教の雑誌かと思ってしまいましたが、「食と農から始まる。JAグループのファミリー・マガジン」で大正14年に創刊された大変歴史のある雑誌だそうです。
その歴史ある農業の雑誌の表紙を吾郎が飾ると聞いてちょっとビックリしました。かつて農業新聞の1面にTOKIOの城島リーダーが載ったそうですが、農業雑誌に吾郎というのはなかなか斬新です。でもビストロとカフェを作ったことがきっかけでこういうご縁が出来たとすれば吾郎にとって新しい挑戦と言えるのではないでしょうか。
発売日は12月1日。JAというと銀行みたいな所ですがあの窓口に行けば買えるのでしょうか。取り置きは頼めるのでしょうか。まずそこから確認しなくては・・・。


挑戦者といえば、昨日WOWOWで放送された「氣志團万博2019」を観ました。吾郎・剛・慎吾の3人がセリでステージに上がってきて会場が「ワァーーーッ!」という歓声に包まれた瞬間感動で震えました。

これが私の見たかった光景だ!この瞬間をずっと待っていたんだ!

思わず椅子から立ち上がりました。
「 #SINGING」「72」「雨あがりのステップ」
初めて聴くお客さんも多かったはずなのに、みんなが自然と一つになって手を振る光景に思わず涙が出てきました。画面からも会場の多幸感が伝わってきました。吾郎のお手振りが変わらずロイヤルだった(この感じ分かりますか?)のも嬉しかったです。
初めてのフェスで自分たちらしさもアピールしつつ新しいパフォーマンスをする柔軟さが彼らの武器なのだと改めて感じました。
この場を与えてくれた氣志團さんには本当に感謝しています。そしてアイドルの彼らをそのまま受け入れて声援を送ってくださった他アーティストのファンの方々もありがとうございます。
また是非来年も参加できますように。

「氣志團万博2019・二日目後編」は丸3時間ありましたが、他のアーティストさんも面白そうなので、編集せずにダビングしたくなりました。ただDR(最高画質)だと25GBのディスクには入りきらないので、タイトルを分割して3人出演部分以外は画質を落として何とか1枚のディスクに収めました。知らないアーティストさん達の歌を聴くのも楽しみです。


拍手ありがとうございます



スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-11-20

Comment







管理者にだけ表示を許可