FC2ブログ

Walking with GORO

稲垣吾郎さんとSMAPと新しい地図と。すべてが好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

Top Page › 未分類 › 東京国際映画祭とか半世界リバイバル上映とかインフルエンサーとか
2019-09-27 (Fri)  07:20

東京国際映画祭とか半世界リバイバル上映とかインフルエンサーとか

おはようございます。

昨日、TOKYO FMの「Skyrocket Company」に吾郎が生出演し、来週から始まる「THE TRAD」への意気込みを語りました。
吾郎自身このオファーには驚いたそうですが「舞台中にトントン拍子に決まった」とかで(ホントか?)新しい挑戦を楽しみにしているようです。アシスタントの吉田明世さんとの息ももうピッタリのようで、良い番組になりそうな気がしました。初のラジオ生レギュラー番組、頑張って、吾郎!

さて怒濤の情報ラッシュだったので、こちらに纏めます。

1.東京国際映画祭(10/28~11/5)について。
昨年吾郎主演「半世界」がコンペティション部門にノミネートされ観客賞を受賞しましたが、なんと今年は「ばるぼら」(手塚眞監督)がコンペティション部門に選出されました。同じ俳優の主演作品が2年続けてコンペ部門に選出されるのは13年ぶりの快挙だそうです!大変名誉なことですね。しかも「ばるぼら」上映はこれがワールド・プレミア。いやが応にも期待が高まります。
今日ラインアップ記者発表があり、手塚眞監督が登壇なさいました。
手塚監督はインタビューの中で吾郎について

「私が一番好きなタイプの俳優です。ほんとに何も言わなくても以心伝心といいますか、こちらが思ったとおりの演技をしていただけます。今日本で一番好きな俳優さんです。」

とおっしゃってくださいました。本当に嬉しいです。
YouTubeに動画がアップされていますので是非観てください。
(31:09位から谷田部ディレクターから作品の紹介、33:00頃から手塚監督登壇です)

(参考)手塚監督の質疑応答部分のネット記事は こちら
しかも今回上映される吾郎出演作品は「ばるぼら」だけではありません。
・プレイベント上映 : 「半世界」 (昨年観客賞受賞作品)
・JAPAN NOW 「映像の魔術師 大林宣彦」 : 「海辺の映画館 キネマの玉手箱」 (ワールド・プレミア)
・アニメ・VFX特集 : 「海獣の子供」
今年の東京国際映画祭は実は地味に稲垣吾郎祭りですね。
詳しくは 東京国際映画祭公式サイト をご覧ください。

2.「半世界」1週間限定リバイバル上映@kinocinema横浜みなとみらい
そして「半世界」がkinocinema横浜みなとみらいで今日から10/3(木)までの1週間限定で上映されます。これも本当に有難いことです。毎日1回18時からの上映ですが、「台風家族」「凪待ち」と同時上映されますので是非足を運んでください。

3.「Forbes Japan」誌が選ぶ日本のインフルエンサー50人に新しい地図が選出
「Forbes」というのはビジネス誌でしたっけ?読んだことがないのでよく分からないのですが、今の日本のインフルエンサー50人の中に「新しい地図」が選ばれました。
Forbes Japanのネット記事は こちら
SNSを活用して影響力を更新しているのが評価されたようです。これからどんどん影響力を強めていけたら良いですね。


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-09-27

Comment







管理者にだけ表示を許可