FC2ブログ

ビバ!夏休み (「ななにー」 8/4)

今回のななにーはいわば特別編。吾郎剛慎吾の3人が視聴者のお宅へ伺ってお手伝いをする企画でした。
これが本当に良かったです。「夏休みってこんな感じだったのかなあ」と懐かしく、昔の夏休みの絵日記を読んでいるようなちょっと甘酸っぱい気持ちにもなりました(歳がバレる・笑)。

約1時間のロケを1人2本ずつ。それぞれが「おじゃマップ」の2時間SPをやったのと同じくらいのボリュームで相手は一般の方ばかり。それで番組が立派に成立したのですから3人のバラエティスキルは相当のものです。さすが!

その中でも吾郎は2本とも子供と一緒のロケ。これがほのぼのして良かったです。
まず小学6年生の奏太くんの夏休みの自由研究のお手伝いへ。夏休みの自由研究なんて私はイヤイヤやっていたのに魚好きの奏太くんは毎年徹底的かつ緻密に取り組んでいます。今年は太刀魚が研究テーマなので、吾郎は奏太くんと一緒に太刀魚釣りをすることに。ちょっと斜に構える瞬間もありますが、初めての体験に目を輝かせる吾郎の姿が可愛らしかったです。それにしても初めての太刀魚釣りで2匹釣り上げたのはラッキーじゃないでしょうか。さすが吾郎、持ってます!
そして今回特に素晴らしかったのは4歳の旬くんとのカブトムシ・クワガタ取り。旬くんは「吾郎ちゃんが好き」というだけあって、突然現れた吾郎ちゃんを見た途端ビックリして転んでしまいました。それがまず可愛かったです(でも痛くなかったかな?)
それから公園へ行って旬くんと虫取りをしたわけですが、吾郎の旬くんへの接し方が素晴らしかったです。4歳でも子供扱いせず対等に話をする。カブトムシを触れなかった旬くんが触れるようになるととても褒める。吾郎自身もだんだん表情が柔らかくなっていって最後旬くんに「ありがとう」と言われたときにはちょっと泣きそうになっていたような・・・。吾郎の素朴な一面が見られてますます好きになりました。

インテリゴロウのゲストは書家の中塚翠濤さん。吾郎が一番聞きたいことは「字を上手く書くコツは?」。「結婚式で名前を書くのがいや!」という言葉には実感がこもっています。でも吾郎の名前を見た中塚先生は「字が爽やかですね」とまず褒め、それから角度や長さに変化をつけて直してくださいました。そして吾郎が書き直すと・・・おお、きれいになったじゃないですか!良かったね、吾郎。
そういえば、「稲垣吾郎を一文字で表すと?」という問いに中塚先生は「」と書かれたのでした。やはりそれが吾郎の本質なのですね。

剛は動物園でゾウやペンギンなどのお世話のお手伝いを。飼育員姿が様になっていました。それからアメリカ人女性の名古屋観光案内も。これがとんでもイングリッシュ連発で爆笑の連続でした。でも楽しそうだから良かった!

おじゃマップで鍛えたロケスキルをフルに活用して山場を創ったのは慎吾。アスパラ農家のお手伝いも流しそうめんもエンターテインメントになっていました。それにしても、どれだけ徳を積んだら17個もメロンが頂けるのでしょうか?(笑)

今回は都心のキャンプ場でVTRを見ながら、3人とキャイーンとみちょぱが思い思いにしゃべる趣向で、全体にまったりとした雰囲気が良かったです。
そしてアマノッチがスペアリブやアクアパッツァなどの手料理をふるまってくれました。皆がおいしそうに食べていて見ているこちらも幸せな気分になりました。何より全員がゆっくりと食べられたのが良かったです。アマノッチありがとう!

来月は吾郎の舞台の最中ですが、どんな企画になるのか楽しみです。


拍手ありがとうございます


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿