SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

大ヒットアニメ誕生秘話 (「ゴロウ・デラックス」 12/9、16)

「いつの感想だ!」と自分でもツッコんでいます。周回遅れどころかもう1ヶ月近く経つんですね。

【12/9分】
今回は美しい流れ星のアニメで始まりました。それを見つめる吾郎の後ろ姿の麗しいこと(^^♪
オープニングからファンタジーの世界に連れていってくれそうです。

課題図書 : 「君の名は。」 新海誠

今年の大ヒットアニメ映画「君の名は。」。 
「本当に面白かった!」と口々に言う吾郎と外山さん。でも吾郎は「一人で(見たんでしょ)?」と外山さんに突っ込む事を忘れません。「僕も一人で見た。」とフォローするところも吾郎らしいですが。
新海誠監督は原作の小説も書いていてこちらもベストセラーになっています。
「この小説を読むとまた観たくなるんですよね。」と外山さんは目を輝かせました。
そしていよいよ新海監督が登場。43歳ですから吾郎と同い年ですね。

街の風景がとてもリアルに描かれていて
「自分が歩いているあの景色だ、と思った。」(外山さん)
「新宿のバスターミナル。僕が間違って右車線を走ってターミナルに入って行っちゃった所だとか(笑)。」(吾郎)
と2人は盛り上がりました。アニメ制作中はバスタ新宿はまだ工事中でしたが、公開時には完成していることが分かっていたので、想像してアニメに登場させたと新海監督は裏話を明かしてくれました。
東京に住む少年瀧と田舎に住み都会に憧れる三葉(みつは)が夢の中で入れ替わる、というストーリーはどうやって生まれたのでしょうか。
「少年と少女が出会う前の物語を作りたかったんです。明日出会うかもしれない、という物語。じゃあ夢の中で出会ったらどうだろう、と。しかも出会うだけじゃなくて入れ替わることにすれば物語が転がりだす。」と新海監督。
「アニメ監督って何をするんですか?」(吾郎)
「僕の場合は原作・脚本からするので最初は小説家の様な気分で、脚本を書いて。その後は現場監督。こちらのアニメーターの描くキャラクターとあちらのアニメーターの描くキャラクターとどちらを生かそうかとか。」製作現場のVTRを見ると監督は作業をしているスタッフの間を歩きまわり細かい指示を出しています。確かに現場監督ですね。

「折角稲垣吾郎さんにお会いするので…。」と監督は本物のシナリオを持ってきて下さいました。「お二人にアフレコをやって頂きたい、と。」
そこで吾郎が「僕、一度だけあるレコしたことある、すごい有名なアニメなんだけど…。ワンピース。」と言うと外山さんは驚いていました(大人の事情があるためあまり知られていないんですよね…)。「難しかったですね。」と吾郎は言いましたが今回はどうなりますが。

スタジオに本格的なアフレコセットが用意されました。
まず吾郎が瀧のアフレコに挑戦しました。夢の中で瀧になった三葉が学校に行き昼休みに友達と話すシーンです。外見は瀧ですが中身の三葉にとっては初対面の相手なので会話がちぐはぐになるのがポイント。
「飛騨の訛りで可愛い気分で」と新海監督から指示され「緊張するなぁ。」と吾郎。出だしでとちってしまい「本当に『ワンピース』やったのかな」と弱気になりました。監督から「ちょっと年齢感が高過ぎます。」とダメ出しされた吾郎は「ただのおかまのオッサンですよね。」と一言。爆笑しまくる外山さんに巻き舌で「覚えてろよ」と一喝。たまに吾郎の言葉遣いが乱暴になると萌えますよね。「最後は裏声で。」など監督は静かに細かく指示を出します。
本番の裏声には監督から「すばらしいじゃないですか」とお褒めの言葉を頂きましたが、吾郎本人は「年齢的に厳しいですね」と難しさを実感したようです。
次は瀧と三葉がお互いの入れ替わりに気づくシーン。ここから外山さんも参加しました。このシーンでは驚きの声と、最後に二人が「入れ替わってる?!」と叫ぶタイミングを合わせるのがコツです。アフレコとは関係ないですがマイクの前に立つ吾郎の姿がキレイで惚れ惚れしました。しかし一回目のアフレコでは「感情が一切伝わってこない。」と監督から厳しい言葉が。
「息、大切なんですね」「勉強になるわ」と吾郎は真面目に取り組み二度目でOKを貰いました。外山さんは「感情の入れ方が分からない」と苦戦しましたが監督の指導の結果上手く出来ました。「声が可愛い」と監督と吾郎に褒められていました。

本番では「お二人共高校生に聞こえましたよ。少年少女になってました。」と監督から嬉しいお褒めの言葉が。
「おじさんとおばさんなのにね。」と吾郎は笑いました。
アフレコで大いに盛り上がったところで、続きは次週へ。

【12/16分】
今回は新海監督の映画作りのこだわりや「君の名は。」の制作秘話を伺いました。

監督のこだわりその1。 美しい風景描写。
「光がいいよね みんなが好きな光だよね。」と吾郎が一言。
三葉が暮らす糸守町は架空の街せす。「事件が起きるので生々しくない方がいいと思って架空の街にした」のだそうです。一方東京は実在の風景。この二つが並んだ時糸守がリアリティを持つよう監督は心掛けました。
「互いに入れ替わるので、お互いの街が美しいことで互いの周りの人たちにも興味を持つ。」様に描いたそうです。
例えば瀧に入れ替わった三葉が初めて東京の街並みを見るシーン。映画では三葉が街を歩きながらただ一言「東京や…」呟くだけですが。
ここで吾郎が小説版の同じシーンを朗読。小説では三葉の心理が事細かに描かれています。丁寧に言葉を尽くした文章からは初めて憧れの東京の街を歩く三葉のキラキラした高揚感が伝わってきます。新海監督は映画会社から依頼され、映画の制作と並行してこの小説を書いたそうです。
「制作中に書けるんですか?!」(吾郎)
「やってみると楽しくて。映画作っている時はなぜこういう台詞を言うのかまでは考えていなかったりするんですが、小説だとそこまで考えるから、この子はこういう子なんだと分かったりしました。」(新海監督)

監督のこだわりその2。フェチ要素(?)
これは三葉が巫女の舞をして口噛み酒を作るシーンに表れています。これはキスのメタファだそうで、監督によると、男の子は好きな女の子の唾液に興味を持つのだとか。
「吾郎さんのフェチ要素は?」と監督に聞かれ吾郎は「匂いですね。髪の毛の匂いとか」と答えてから
「僕に興味を持ってます?」と監督に突っ込みました。因みに吾郎は「喋っている時の口」フェチだそうですよ、皆さん。

監督のこだわりその3。美しい星空。
新海監督は長野県佐久の出身だそうです。それを聞いた途端「僕には中年のおじさんの友達がいるんですけど、長野の佐久のゴルフ場に行って一緒に星空を見上げるんです。」と吾郎は嬉しそうに言いました(それを「知ってます」という表情で聞いている新海監督がツボです)。

監督のこだわりその4。ビデオコンテ。
これにはびっくりしました。新海監督は準備段階で絵コンテでアニメを作るのです。「この1カットは何秒何コマで作るかの設計図を全部作る。107分のビデオの設計図を作る。それからみんなで作業をする。」(新海監督)
「気の遠くなるような作業ですね。」と吾郎も驚いていました。最低でも3年はかかるそうです。
2人がアテレコに挑戦したシーンのビデオコンテを見ると、各シーンのタイミングまで出来上がったアニメとピッタリ同じです。因みにビデオコンテの声は監督が全部やっています。
「めちゃめちゃうまいじゃないですか!」(吾郎)。本当にプロの声優さんかと思う位上手です。
「恥ずかしがらずに芝居する」という新海監督。ビデオコンテで全部声まで入れるというのは珍しいそうです。
「一度じゃダメですねまた観ないと。」と声を弾ませる外山さんに「誰とですか?」と新海監督からツッコミが。
「後絵考えます。」と外山さんは上手にかわしました。

最後にとても貴重な「君の名は。」の製作日誌を公開。 着想から完成までほぼ毎日つけていたものです。
例えば「アナ雪」を観た感想として「場面の変わり目に必ず笑いを入れる。観客を楽しませる事を第一に考える。」点で「学ばなければならない」と書いています。
映画をよく見るという新海監督。面白かった映画として「SCOOP!」「何者」を挙げました。ここで吾郎が「『少女』という映画もやっています。」とさりげなくアピール。
大ヒットした音楽については、新海監督が大好きなRADWIMPSに声をかけたら「主題歌だけでなく映画音楽全体をやりたい」という答えが返って来て「想像を超える物を出してきた。」のだそうです。
新海監督は作品を一番最初に身内に見せるのだそうです。「君の名は。」は途中まで作ったものを奥さんに見せたら「ものすごく面白い」と褒められて嬉しかったとか。

物静かに話す新海監督ですが、アニメ作りに賭けるエネルギーは人並み外れた方だと感じました。


拍手ありがとうございます
 
 




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

はちミツ

Author:はちミツ
【注意:当ブログの内容の無断転載は禁止します。】

稲垣吾郎さん大好き、5スマ大好き!の主婦。
吾郎ファン歴は24年目になります。
神奈川県在住。

近況
①毎週水曜日は「an・an」の「稲垣吾郎のシネマ・ナビ」をチェック!。
②吾郎出演映画「少女」は2016年10月8日公開♪
③吾郎出演ドラマ「不機嫌な果実」のDVD、Blu-RayBOXは2016年10月19日発売♪
④「ゴロウ・デラックス」(TBS)もお見逃しなく!


メールは↓へ。
walkwithgoro☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログパーツ
クリックで救える命がある。
リンク集
リンクなさる方はお声をかけて下さい♪
情報リンク
こちらもどうぞ♪
/div>
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる