Walking with GORO

SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

BLOGTOP » スマスマ » TITLE … 理想の未来のために (「スマスマ」 11/14)

理想の未来のために (「スマスマ」 11/14)

ビストロゲストは「キャリアがあるのにビストロに来た事がない芸人」さん方。陣内智則さん、小藪千豊さん、サバンナ(八木真澄、高橋茂雄)さん、サンドウィッチマン(伊達みきお、冨澤たけし)さん、平成ノブシコブシ(吉村崇、徳井健太)さんの8人が賑やかにやって来ました。中居くんは「ノンストップ!バイキング!グッディ!」と指さしながら「余計な事言ったらぶっとばすからな!」とくぎを刺す事を忘れませんでした(笑)。皆さん情報番組のお仕事をされているんですね。
今回はゲストさん方と共演する機会が多い中居くんが活き活きと番組を進めてくれ、4人のシェフは芸人さんのトークやネタ見せを安心して見ているようでした。それでも「プロフィールクイズ」のコーナーで答えでは各人しっかり「爪痕を残し」てくれました。
特に最後の問題「サンド伊達さんの特技は?」では「利き○○」と言うヒントに対して「利き米」(慎吾)「利き歯磨き粉」(木村くん)と珍解答が続発。しかし一番のヒットは吾郎の「利きシシャモのメスかオス」でしょう(爆)。伊達さんは「近い!」と言いましたが正解は「ゆで卵か生卵か見ただけで分かる」でした(近いのか?)。実演してくれましたが見事にゆで卵を当てました(今度やってみようかしら?)。
試食ではビストロに出られた喜びと料理の美味しさに皆さん感激していました。本当においしそうに食べる姿を見るのは気持ちがいいですよね。
「みんなで食べたい絶品鍋料理」対決は5-2でシンゴローペアの勝ち。ゲストの皆さんが出身地の美味しい名産品をご褒美にくださったのも嬉しいです。

今回の歌コーナーも素晴らしかったです。back numberとのコラボで「青い春」と「バックナンバー」の2曲を歌ったのですが、どちらも鬼気迫る様な迫力がありました。現実に打ちひしがれそうになりながらも理想を求めて羽ばたこうとする「青い春」も本当は別れたくないのに強がってさよならを言う「ハッピーエンド」もとても良い歌ですね。「青い春」ではダンスのキレも良かったし、吾郎の髭や木村くんの短髪などビジュアルも最高ですし、何度でもリピしたいです。

全然違う話ですが、アメリカの新大統領が決まりオバマさんの任期もあとわずか。政権末期の状態を「レイム・ダック(よたよた歩きのあひる)」と言いますが、最近のスマスマの歌コーナーは「レイム・ダック」とは無縁ですね。それ位力強さを感じます。

それにしてもしんみりした曲だけでなく、もっと弾けて楽しい曲を歌ってくれてもいいんですよ♪

拍手ありがとうございます

スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理者だけに読んでもらう (非公開コメント投稿可能)