Walking with GORO

SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

BLOGTOP » スマスマ » TITLE … 歌う事、伝える事 (「スマスマ」 6/13)

歌う事、伝える事 (「スマスマ」 6/13)

感想がすっかり遅くなりました。最近日付の感覚が無くなってきています。そして月日の経つのは早い。もうすぐ今年の半分が終わるなんて信じられません。(今年になってから時間が止まったような感じがしますがそれはまた別の話…。)

ビストロゲストは小泉今日子さんと二階堂ふみさん。映画「ふきげんな過去」で母娘役を演じたお二人です。二階堂さんはビストロ初出演。「FIVE SMAPの皆さん全員にお会いするのは今日初めてです」と緊張しているようです。
「稲垣さんを見るのも初めて?」(中居くん)「そうなんです」(二階堂さん)
二階堂さんは「ヒミズ」「私の男」などで演技力を高く評価されている女優さんです。「ヒミズ」は月イチゴローで「私の男」はゴロデラで吾郎が絶賛していたので今まで会ったような気がしていましたが意外や初対面なんですね。
二階堂さんのドラマの現場での出演者の皆さんの話題は「SMAP全員と会った事があるか?」だったそう。SMAP全員と会った事があるのは芸能人の方のとってのステイタスなんでしょうか。
小泉さんは20年前スマスマが始まった年に歌ゲストで出演されています。その時のVTRを見ながら「早いねー」をしんみりする小泉さんと中居くん。若々しさを保ったままいい感じで歳を重ねている小泉さんは女性の憧れですよね。小泉さんと呼ぶよりキョンキョンと呼ぶのがしっくりします。
1994年生まれの二階堂さんはキョンキョンが現役バリバリのアイドルだった頃の事を知りません。でも「1980年代以前のカルチャーに詳しくて話が合っちゃうところがあったんです」とキョンキョン。
キッチントークでは「どっちがキョンキョンどっちがふみふみ?」と言うクイズを。ふみふみ(二階堂さん)の初めて買ったレコードがセックス・ピストルズで大好きな漫画が「疾風(かぜ)伝説 特攻(ぶっこみ)の拓」と聞くと確かに古めのものが好きなんでしょうね。しかしカラオケで歌う曲が「別れても好きな人」と聞いた時はさすがに驚きました。スナックのママさんなどとデュエットで歌うそうで、今回中居オーナーはためらうことなく吾郎を指名。「何となく知ってます。別れても好きな人~♪ですよね」とためらいがちの吾郎でしたがいざ歌が始まるとふみふみをしっかりとサポート。ふみふみの歌も上手で二人は良いムードでした。「途中から歌詞見ないで歌ってたもんね」と中居くんも絶賛。「すごい贅沢な時間でした。ありがとうございました。」とふみふみは丁寧に頭を下げました。礼儀正しいですね。
オーダーは「ラザニア」。しんつよペアのスイーツ(コールドストーンアイス)を見ると中居くんが「これ見たわ、スカイツリーのところで。」と発言。すかさず吾郎が「浅草へ行った日でしょ。」「美味しい洋食のハンバーグを食べたんでしょ。」と補足し「なんで知ってるんだよ。」と中居くんを驚かせました。
キムゴロペアもスイーツに力を入れています。吾郎がリキュールとマンゴーをシェイクし更にシャンパンを注ぎました。それを振るよう中居くんが指示すると「今シャンパンを入れたのでこれを振ったら爆発しちゃうのは普通分かりますよね」と軽くかわしました、ナカゴロ萌えあざーす!です。
判定はしんつよペアの勝ち。デザートも含め女の子が見て楽しいお料理になっていたとキョンキョンは喜んでいました。、

剛の「限界クイズ」第2回。最初のチャレンジは一輪車の世界チャンピオンに剛がママチャリで挑むというもの。100m走で勝てるかどうかです。結果はママチャリ剛が後半で追いつき逆転勝ち。その頑張りも勿論ですが、ヲタ的見どころは剛の引き締まったプリ○ツだったと思います(失礼しました)。
もう一つのチャレンジは世界一長い雲梯(102m)を渡り切れるかというもの。結果は26mで失敗でしたが、これは挑戦したことに意義があると言うべきでしょう。文字通り体を張った剛、お疲れ様でした。そして司会の出川さんもありがとうございました。

そして歌コーナーのスマラブは吾郎のセレクトで中島みゆきさんの「糸」(1992年)を歌いました。まず歌前の吾郎のコメントが素晴らしかったです。
「ずっと前から好きな歌ですが、歌詞が素晴らしい。縦の糸と横の糸、めぐり合わせとか絆とかだと思うんですけど、人と人が目で合う事で前に進んでいく。最後『人はしあわせと呼びます』という歌詞があるんですけどその『しあわせ』が幸福の幸ではなくて『仕合わせ』となっていて最初引っかかったんです、どういう意味なのかなって。でもいい事も悪い事もすべては巡り合わせだという。」
「この曲は色々な方がカバーしてますけど、僕らの糸は初めてなので。きっと皆さんにメッセージが伝わると思うんですけど。」
吾郎はいつも「見る(聴く)人が自由に感じて欲しい」という人なので「メッセージが伝わる」という言葉を使うのは珍しいと思います。何か伝えたい事があるのだな、と感じて歌を聞きました。
吾郎が言った通り前半の吾郎ソロパートが長く、SMAP版「糸」のベースを情感を込めて作った感じです。特に声に伸びがあって聴きほれました。その後のソロパートもみんなそれぞれに合っていました。パートの割り振りもとても良かったです。メンバー一人一人が割り振られたパートを精一杯表現する事に徹していたので聴いていてとても気持ちが良く、心を揺さぶられました。
そして5人のユニゾンには決意を感じさせる力強さがありました。
どんな状況も「仕合わせ」と受け止め、それを糧にして生きていこうとする潔さを彼らの歌声から感じました。録画をリピするたびに涙ぐんでいました。この曲を選んでくれてありがとう、吾郎。

さて、明日はツヨシンゴロウの「境界線クイズ」の第2弾。夏ドラマの番宣番組なのでしょうか。5人のスマスマではありませんが、3人の独特のMCを楽しみたいです。


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

ビストロに勝ったのは、しんつよです。糸は、1992年の歌なんですよね。いろんな人が、カバーしているけど本家には叶わないと思っていましたが、涙のキッス、天国生まれ、糸、の流れとこちらの心情のせいか、心に染みました。また時間を置いてから歌って貰いたい気もしました

Re: 糸

>るるさん
こんにちは。コメント有難うございます。リプが大変遅くなり失礼しました。
ヒストロの間違いを指摘して下さって有難うございます。本文を訂正しました。しんつよペアのデザートのアイスは本当においしそうでしたね。
「糸」は色々な方がカバーしていますが、SMAPの歌もまた良かったですね。名曲というのは誰が歌ってもその人の味が出て聴く人の心を打つのかもしれません。
中居くんと木村くんがどんな曲を選ぶのかも楽しみです。

COMMENT投稿

管理者だけに読んでもらう (非公開コメント投稿可能)