Walking with GORO

SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

BLOGTOP » 「不機嫌な果実」 » TITLE … 不機嫌な果実 第3話 (5/13)

不機嫌な果実 第3話 (5/13)

第3話になってさらにどろどろの展開になっております。
工藤以外の登場人物がとにかくハチャメチャで誰にも共感できないので、好き勝手にツッコミを入れながら見ていました。
とはいえ基本楽しいので、このドラマは成功するんじゃないでしょうか。

野村と別れようと思いながらもなかなか別れられない(どころか逆に関係を持ってしまう)麻也子。一方航一は久美との不倫を楽しみ「麻也子が男と旅行に行けばすぐに分かる、嘘がつけないから。」とカッコつけて大人の男の余裕を見せますが、この後大変なことに…。「不倫するならバレないようにするのがルールでしょ、僕たちみたいに。」などと言ってますが、そんなのそっちが勝手に決めたルールだろーが!(笑)
野村との不倫旅行から帰ってきた麻也子を心理的にいたぶる航一。ドSな人ですね。しかも自分はもっと前から不倫しているのですから身勝手です。
麻也子がズルズルと迷っているうちに、航一は雇った探偵から麻也子が不倫しているとの報告書を受け取ります。この時の航一の目から光が消えるのが怖い。
一方の久美も不気味な動きを見せます。店に来た工藤に「麻也子が不倫している」と告げるのです。彼女の店にはみんなが集まるので久美は全ての情報を知っているわけです。これも怖い。
久美の店で麻也子、航一、野村、工藤が鉢合わせ。しかも玲子も一緒ですから、麻也子は野村との関係が航一にバレないかと焦りまくります(実際はもうバレてますが)。麻也子の隣に座りテーブルの下で麻也子の指に自分の指を絡めてくる野村がいかにも狡いですよね。工藤がとっさに機転を利かせてくれたお蔭でその場は何とかなりましたが、航一と麻也子が仲良く肩を並べて店を出る姿に嫉妬した久美が今度は暴走!深夜の厨房で無表情でトマトを握り潰す…ってホラー映画か!
そして休みの日の朝沢山の食材を持って麻也子の家に突撃、パエリアを作って一緒に食べようと言いだします。不意打ちを食らって焦る航一を横目に見ながら、麻也子をサフランを買いに行かせると久美は本性を現して航一に「ここで抱いて」と迫ります。「やめろ!」と逃げる航一を無表情で追いかける久美はまるでターミネーター(褒めてます)。「麻也子に見つかったらどうするんだよ」と航一は完全に怯えています(可愛い♪)。そこへ帰ってくる麻也子…。ここの細かいカット割りはお約束の見せ方ですが、やはりハラハラしました。結局麻也子にはばれなかったものの久美は心の中で「やはりつまらない男だ…分かっていたはずなのに。」呟きます。そんなつまらない男と不倫しているあなたは何なの!と言いたくなりますよね。
結局麻也子は野村に別れを告げますが、家に帰るとテーブルの上に自分の不倫の調査報告書が置かれていて愕然とします。そして「おかえり」と妙に柔らかな声に振り向くと航一が冷たい目でニタリと笑い…。怖い怖い!映画「シャイニング」のポスターみたい(やっぱりホラーか!)

いやあ、今回も全編ジェットコースターに乗っている気分でした。終わると心地よい疲れを感じます。
展開は早いですが、まだまだ謎は多いですね。航一と久美とが不倫関係になったのは、1年前の久美の離婚に航一が同情したのがきっかけらしいですが、麻也子とセックスレスになったのは3年前。セックスレスになった原因は別にあるんでしょうね。
「不倫を楽しむ女」玲子と茂の夫婦にも何か事情がありそうですし(そういえば今回茂さんは出てこなかったですね、次回に期待してます)。これから一つ事情が明らかになる度もっとどろどろになるんでしょうね。こういうドラマですから思い切りドロドロするのがいいと思います!

吾郎ファンとしては何と言っても、冒頭の航一と久美のエロティックなベッドシーンがハイライトでしたね。露出はがっちりガードしていますが(こら!)潤んだ瞳と低く甘いささやき声がたまりません。それと白シャツを着て久美を後ろから抱きしめるシーンも色っぽくて良かったです。一方中盤のハイライト、久美が航一を襲う(?)シーンでは航一は防戦一方で色気スイッチは入っていませんでしたが怯える目が可愛くて、(いいぞ久美もっとやれ!)と心の中で叫んでいました。

次回予告でも航一と久美のベッドシーンはある様なので期待していますが、航一が久美に恐怖を覚えてこの関係もそろそろ終わってしまうのではないかと心配しています←何の心配(笑)

登場人物に共感できないと言いながら、ほら、すごく楽しめるでしょう?


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理者だけに読んでもらう (非公開コメント投稿可能)