Walking with GORO

SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

BLOGTOP » 雑誌 » TITLE … an・anを読みながら

an・anを読みながら

ニマニマしています

映画特集にシンゴローをフィーチャーしてくださったan・an編集部にはいくら感謝しても足りませんね。
グラビアにもインタビューにも満足しました。
吾郎は映画を紹介する仕事をしていても「マニアックな知識があるわけではない。こだわりのコメントを求められても困ります(笑)。僕はいたって普通です。」と言いますが、そう言いきれること自体なかなか出来ない、普通ではない事です。
慎吾はSMAP全員で映画を作りたいという夢を持っていて色々なアイディアがありそうです。元々ひらめきや企画力に優れた人なので、いつか実現してくれるといいですね。自分が監督するつもりは無いと言っていますが、もしこの企画が実現したら、自分でメガホンを取ったりして。期待が膨らみます。
そして二人の対談もものすごく面白かったです。
前半は吾郎と慎吾の好きな映画の話から、吾郎お勧めの映画の紹介。後半は「ギャラクシー街道」について。全体として慎吾が吾郎をとても信頼していて、吾郎の勧める映画には「見てみる!」と興味を示し、「ギャラクシー街道」についての吾郎の感想と分析には素直に耳を傾けていました。きっととても良い雰囲気で話していたのだろうと思います。
充実と満足の10ページ特集です。

連載「稲垣吾郎のシネマ・ナビ」も勿論あります。今週の映画は「1001グラム ハカリしれない愛のこと」。これこそ吾郎の映画紹介の真骨頂なので、慎吾ファンの皆さんにもぜひ読んで頂きたいです。

そしてこれだけ充実した記事を読んだら、やはりスマステでも映画コーナーをやって欲しいですよね。公式BBSにお願いを出してきます。


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理者だけに読んでもらう (非公開コメント投稿可能)