Walking with GORO

SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

BLOGTOP » GORO » TITLE … 恋愛ドラマの神様 (「ゴロウ・デラックス」)

恋愛ドラマの神様 (「ゴロウ・デラックス」)

「お久しぶりです」
吾郎は最初にそう挨拶しました。このゲストさんはSMAPのライブには必ずいらして終演後にはバックステージのパーティーにも来て下さるそうですが、今日は吾郎とどう距離を取っていいのか少し戸惑っているようにも見えました。

課題図書:「恋をしていた」 北川悦吏子

数々の大ヒットドラマの脚本を手掛け「恋愛ドラマの神様」と呼ばれる北川さん。この本は北川さんの恋の詩集です。
早速吾郎が朗読しましたが、なぜか外山さんの反応が薄く(笑)、「恋愛に関する事になると無口になるの?」と吾郎が突っ込みました。確かに先週とは打って変わって今回は外山さんは無口でした。
「詩を繋いでいくとドラマになる」と北川さんは言います。「まず気持ちを書きたい。」と。「人によってはまず絵が浮かぶ、とかあるみたいですけど…。」(吾郎)「私は、こういう気持ちを書きたい、というのが最初にあって書き始める。」(北川さん)
詩人の銀色夏生さんも同じ事をおっしゃっていたのを思い出しました。

番組後半では「愛していると言ってくれ」「Beautiful Life」「オレンジデイズ」の映像を見ながら北川さんのドラマへのこだわりを聞きました。

そして最後に「稲垣吾郎のドラマを書くなら?」という話題になり…。
「そう、稲垣くんとだけやってないんだよね」(北川さん)
「そうですよ、僕にも書いてくださいよ。小声でぼそぼそ部下に小言を言う役しか最近ない、紅茶飲みながら君はクビだ、とか。」(吾郎)
北川さんは吾郎をじっと見て
「ナチュラルな役もいいかな、…でもさもっと汚くなってもいいんじゃない?」と言いました。
「僕のスッとした感じが邪魔してると(笑)。これから気にかけてください僕の事。」と吾郎がお願いすると
「今日しっかりインプットされたから大丈夫です。」と北川さんは答えてくださいました。

北川さん是非お願いします。


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理者だけに読んでもらう (非公開コメント投稿可能)