Walking with GORO

SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

BLOGTOP » スマスマ » TITLE … 小説SMAP (「スマスマ」 7/20)

小説SMAP (「スマスマ」 7/20)

とても楽しかったです。なのになぜか録画に失敗し、ゴロ友さんのご好意で送って頂きました。従ってリピも感想も遅れたという…。私は何をやっているんでしょうか…。

ビストロゲストは又吉直樹さん、西加奈子さん、湊かなえさんのお三方。となればもう皆さんお分かりですね?

今回のビストロゲストは「ゴロウ・デラックス」つながり

キッチントークでも吾郎との話が弾みました。西加奈子さんのお宅のお花見に吾郎がお招ばれした事は知らない方が多かったようで、観覧の皆さんから「へぇー!」と驚きの声が上がりました。西さんは吾郎について「ごく普通に文学の話が出来る方」とおっしゃってくださって嬉しかったです。
今回は「SMAPを文学的に表現すると」というテーマでお三方に文章を考えて頂きました。表現の仕方は違ってもお三方ともメンバーの特徴を捉えていてさすがです。中でも西さんが吾郎を表現した文章が俊逸でした。

ただ美しい顔に生まれただけだったのに。

何もいう事はありません。西さんありがとうございます。
湊さんはSMAPをミステリー小説の登場人物で考えて下さいました。そのミステリー小説のプロットがすごい!雪山でロープに繋がれて宙づりになっている二人の話はしんつよで見たい!湊さん本気で売り込みに来ましたね(笑)。凶悪殺人犯の息子を殺して罪を被ろうとする吾郎の父親役も見たいです。どこかで映画化してくれないでしょうか。
又吉さんの文章には芸人の視点も入っていてユニーク。思わず笑ってしまいますが、その中に鋭い観察眼があるんですね。
慎吾の美味しいリアクションは、又吉さんが愛してやまない太宰治でした。似ていたかどうかは別として、又吉さんに喜んで頂けて良かったです。
「小説家が好きなカレー対決」は全員一致でキムゴロペアの勝ち。理由は「小説を読みながら食べられるから」(笑)。ゴロデラが結んだ縁で実現したビストロは終始和やかでした。
そして又吉さん、芥川賞受賞おめでとうございます。

歌ゲストはSexy Zone。事務所の後輩と共演するとスマさん達は一層若く見えます。セクゾンの5人は黄色系、SMAPの5人は白黒ストライプの衣装で見るからに明るい。正統派のアイドル歌謡曲(古!)を歌うとSMAPは正統派のジャニーズになりますね。今回のコラボはセクゾンのファンの皆さんにも喜んでもらえたようで良かったです。


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理者だけに読んでもらう (非公開コメント投稿可能)