Walking with GORO

SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

BLOGTOP » 映画 » TITLE … 「笑の大学」「桜、ふたたびの加奈子」を観てきました

「笑の大学」「桜、ふたたびの加奈子」を観てきました

一昨日、ドリパスの復活上映を観てきました。

どちらも何回も見た作品ですが、久しぶりに映画館の大きなスクリーンで観るととてもワクワクしました。
特に「笑の大学」はみんなで一緒に笑ったり泣いたりするのが楽しかったです。最後の廊下のシーンで、吾郎演じる椿の目にうっすら涙が浮かぶのが美しいと改めて思いました。
「桜、ふたたびの加奈子」では以前観た時よりも信樹さんの苛立ちが強く伝わってきました。眉間を寄せたり口をへの字に曲げたり、表情の豊かさに感心しました。また広末さん演じる陽子さんについても今回初めてある事に気付きびっくりしました。
「笑の大学」から「桜、ふたたびの加奈子」まで約10年。その10年の間にセリフ回し、滑舌がとても良くなりました。これは舞台経験を積み着実に力をつけた証でしょう。努力の積み重ねの結果がきちんと出ているのが分かりますね。

今回「加奈子」が上映されたことが特に嬉しかったです。例の音楽の著作権に関してはエンドロールを書き直してあり、きちんとした対応がされていたので良かったです。これがDVD再発売に繋がって欲しいと切に願っています。

ドリパスでは復活上映をした作品でも、また上映リクエストが出来ます(何回も復活上映されている作品もあります)。そしてリクエストした人の多い地域で上映しているようです。今回は東京ででしたが、例えば関西から沢山リクエストがあれば関西で上映される可能性があります。
もしまだリクエストを出していない方がいらしたら参加してみてはいかがでしょうか。
やはり映画は映画館の大きなスクリーンで観るのが一番ですから。


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理者だけに読んでもらう (非公開コメント投稿可能)