緊急事態?!でも我ゴロデラを愛す (「ゴロウ・デラックス」 4/24)

スマスマの感想がまだ書きかけなのですが、先にゴロデラの感想を上げます。なぜなら今回は緊急事態が発生したからです。

今回のゲストは樋口卓治さん。「ぴったんこカンカン」「金スマ」「中居正広のミになる図書館」等14本の番組を手掛ける放送作家で、「天国マイレージは」3冊目の小説です。以前「僕の妻と結婚してください」を出された時でゴロデラに出演されています。

課題図書 : 「天国マイレージ」 樋口卓治

オープニングトークは無し。冒頭で吾郎と外山さんが本の感想を手短に述べ、ゲストの樋口さんを招き入れたところまでは辛うじていつも通りでしたが…。
「実は緊急事態なんです!」とゲストの樋口さんが切り出しました。それによると、今回ディレクターが出した企画が悉くプロデューサーに通らず、台本が白紙に。
「台本が白紙なので、1時間20分位で帰れるかと思った」(吾郎)
「僕も企画を出すのを手伝ったんですが、結局通らなくて。でも僕は放送作家で番組の構成を考えるのが生業(なりわい)なので、僕に任せてくれれば、台本も埋まって1時間20分位で帰れます。安心してください」(樋口さん)
という事で、樋口さんは吾郎にゴロデラという番組をどう思っているか質問し始めたのですが、話の流れが何やら不穏な方向に…。

;吾郎が
「僕はこの番組は好きですね。今までこれほど本を読んだことが無かったし、週に1冊読むというのがリズムになってるし。『見てる』って言ってくれる人が結構いて、業界人気が高いんです。作家の方とプライベートでお会いすることが増えたんですが、皆さん喜んでおられて。『こんなに本をじっくり読んでくれて;話を聞いてくれて宣伝してくれる』って。僕はこの形で細く長く続けていければいいなと思います。」
とこの番組への思いを語りました。吾郎がこの番組を大切に思っている事が改めて分かったのは嬉しいです。
それに対し樋口さんはこの「ゴロウ・デラックス」という番組が良い番組であり細く長く続けるのはいいと認めたうえで
「これはあくまで僕の放送作家としての勘ですが、プロデューサーに会った時(使命感を果たしたと感じているんじゃないか)を思ったんです。何か番組としてやり残したことってないですか?それをきちんとしないとお二人が後悔することになるんじゃないかと思うんですよ。」と言ったので
「それ、番組が終わるって事ですか?」と外山さんは不安そうな顔になりました。
「いや…。この番組は良い番組なんですが時々刺激があったほうがいいかと。番組から何か面白いキャラクターを打ち出してみるとか新しい作家を発掘するとか。また深夜番組をやっているといずれはゴールデンに行くとかあるじゃないですか。そんな中で細く長くって言っていると『何だかなあ』と上の方で思っているかも知れない。」(樋口さん)
どうやら樋口さんは、同じ事をずっと長く続けていると製作者のモチベーションが下がってくるのではないかと懸念しているようです。

番組の半分以上が過ぎたところで樋口さんが「ところで今日は朗読とかは無いんですか?」と尋ねました(いや、樋口さんがご自分の本と違う話題をずっと話していたからなんですが…)。吾郎は「それはもちろん。朗読の番組ですから。」と言い、朗読を始めました。生きている間に良い事をするとマイレージが貯まり、そのマイレージによって天国に行けるかどうかが決まる、というストーリーです。
「天国に行くか地獄に行くか、というのは子供の頃から自分の中に染み付いていますよね」(吾郎)
「笑っているだけでマイレージが貯まる、というのが良いですね。笑っているだけで人を幸せに出来るから、という。」(外山さん)
やっといつものゴロデラらしい雰囲気になって一安心、と思ったらまた緊急事態が。番組の台本が出来て無かった為にAD山田くんの消しゴムはんこもまだ完成していなかったのです。そこで吾郎たちが見ている前ではんこにインクをつけスケッチブックに押してやっと出来上がりました。
外山さんは「可愛い」と言い、樋口さんも気に入って下さったようでしたが、吾郎はスケッチブックを素早く机の上に伏せてニヤリ。いつも通りの終わり方にはしなかったのでした。


今回は正直ショッキングな展開ではありましたが、これ自体が番組への刺激になるかも知れずまたプロデューサーもそれを期待したのかも知れません。
基本的には吾郎が言う通りゴロデラはこの形で細く長く続けるのが正解だと思います。色々な作家の方が出演してくださるのは「あのゴロウ・デラックスなら出てもいい」と思って下さるからでしょう。その信頼はずっと同じ事を続けるうちに生まれてきたものだと思うのです。「ゴロデラ」は放送業界だけでなく出版業界からも高評価を得られる番組だと常々思っています。
とはいえ、深夜のバラエティ番組ですから視聴者に飽きられたらおしまいという宿命があるのも事実でしょう。そうならないためには「読書バラエティ」という今の形を保ちながら時には小さな変化球を投げる必要もあるのかな、とも感じました。

と、ここまで書いたところでちょっとした事を思いついたので、番組HPに書き込んできます。やっぱり一番大切なのは番組に感想や応援の声を直接届ける事ですね。
今回はその当たり前の事を改めて痛感しました。


拍手ありがとうございます

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: いつも楽しく拝見しています

Rさん
コメントありがとうございます。リプが遅くなり失礼しました。
ゴロデラは地味ですが本当に良い番組ですよね。
今迄とは違う新しい何かをやってみた方が良いのではという提案にも、また、私たち市庁舎に対してもっと感想や要望を出して欲しいというシグナルにも思えますが、今回の記事を読んで不安を感じた方もいらっしゃるかも知れません。番組のレポをして下さっているブログもあるので、具体的な内容についてはそちらを読んでみてください。

今週の又吉直樹さんの回をリピしていますが、又吉さんが大好きな太宰治について活き活きと語る表情がとても素敵です。
全国放送を実現する為にもっとTBSさんに反応を変えそうと思います。
プロフィール

はちミツ

Author:はちミツ
【注意:当ブログの内容の無断転載は禁止します。】

稲垣吾郎さん大好き、5スマ大好き!の主婦。
吾郎ファン歴は24年目になります。
神奈川県在住。

近況
①毎週水曜日は「an・an」の「稲垣吾郎のシネマ・ナビ」をチェック!。
②吾郎出演映画「少女」は2016年10月8日公開♪
③吾郎出演ドラマ「不機嫌な果実」のDVD、Blu-RayBOXは2016年10月19日発売♪
④「ゴロウ・デラックス」(TBS)もお見逃しなく!


メールは↓へ。
walkwithgoro☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログパーツ
クリックで救える命がある。
リンク集
リンクなさる方はお声をかけて下さい♪
情報リンク
こちらもどうぞ♪
/div>
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる