Walking with GORO

SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

BLOGTOP » GORO » TITLE … 素晴らしきパラパラ漫画の世界 (「ゴロウ・デラックス」 2/27)

素晴らしきパラパラ漫画の世界 (「ゴロウ・デラックス」 2/27)

オープニングトーク。ですが、なぜか静止画が次々とめくられていくカクカクした画面です。
「なんか今日おかしくない?」(吾郎)
「今日はですね、世界的なパラパラアーティストの方がゲストです。」(外山さん)
「でも僕たちがパラパラ漫画になる必要はないよね?」(吾郎)
ごもっとも。

課題図書 : 「振り子」 鉄拳

鉄拳さんはお笑い芸人としてブレイクしましたが、その後自作のパラパラ漫画がネットなどで高く評価され、海外アーティストのPVを手掛けるなど世界的に注目されています。
その代表作「振り子」はある夫婦の愛を描いたもの。
「振り子が片方へ振れている時反対側で何が起こっているのか、心の準備ができるよね」と吾郎。
シンプルなパラパラ漫画なのに夫婦の歴史や喜怒哀楽がドラマティックに描かれていて思わず涙が出てきます。鉄拳さんのご両親がモデルだそうです。
鉄拳さんは故郷長野県に帰ってパラパラ漫画を制作することもあるそうです。番組では鉄拳さんに密着して実家のお父様や高校時代の美術の先生などにも取材しました。鉄拳さんのお母様は鉄拳さんが小学生の時亡くなりましたが「絵の上手い人でした。遺伝ですね、(自分が)絵が上手いのは。」と鉄拳さんは少し誇らしげです。
子供の頃から漫画を描くのが好きだった鉄拳さんは高校生の時投稿した漫画で「ちばてつや賞」を受賞しました。しかし漫画家としては芽が出ず、その後芸人に転身し得意の絵を使った「こんな○○はいやだ」のネタでブレイク。更にお笑いブームが去って芸人を辞めようとしていた時パラパラ漫画の仕事が来て再び注目され…。紆余曲折はありましたが、認められるべくして認められた感じですね。
ちばてつや先生からもコメントが。ちば先生は当時の事を覚えておられました。「振り子」も見て「よくがんばりました」と拍手してくださいました。鉄拳さん良かったですね。

番組後半は特別企画。AD山田くんがパラパラ漫画に挑戦しました。山田くんは得意の消しゴムはんこでパラパラ漫画と作ろうと計画、師匠のとみこはんさんの力も借りて5日がかりで作品を完成させました。
東京で頑張る自分の姿を描いたものですが、冒頭でリンゴを持ったゴロウさんが一回転し歩き去る様子が可愛かったです。スタジオでそのゴロウさん消しゴムはんこが披露されましたが「一回転するのに12枚の絵が要るって聞いたんですよ、だから作りました。」と山田くん。本当に苦労したんですね。でも消しゴムはんこだけでなくパラパラ漫画の才能も開花して良かったなと思いました。吾郎も外山さんも鉄拳さんも拍手喝采でした。

「振り子」は実写映画化されて今日から公開されています。鉄拳さんは素顔で出演しているそうなので「探してみてください。」とのこと。ヒントは…帽子をかぶっているそうですよ。


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理者だけに読んでもらう (非公開コメント投稿可能)