Walking with GORO

SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

BLOGTOP » スマスマ » TITLE … 名前なんてどうでもいい (「スマスマ」 2/23)

名前なんてどうでもいい (「スマスマ」 2/23)

ビストロゲストはバナナマンのお二人。3年ぶりに出演です。トークの上手なお二人とあって、スタジオはなかなか盛り上がりました。紅白の舞台裏のお話がとても面白かったです。設楽さんはリハーサル中に中居くんと会った時思わず握手してしまったとか(笑)。紅白独特の雰囲気で舞い上がっていたのだそうです。でも本番の紅白ウラトークチャンネルはとても楽しかったです。吾郎と慎吾も参加してすごく盛り上がりましたし。
紅白の「世界に一つだけの花」でタモリさんの前に行ったのは実はハプニングだったんですね。「草 が行っちゃったのよ。で香取くんと目が合って、行くぞ!二人が行けばみんな来るぞ!って。」(中居くん)「自然だったね」(吾郎)とサラリと言われた時にはちょっと驚きました。SMAPのアドリブ力と、それにしっかり対応したNHKスタッフ(特にカメラさん)の力量は流石です!そしてこの話をうまく引き出して下さったバナナマンさんにも感謝です♪
でもそのあとのケツバットは要らなかったかも。中居くん自身は面白がってやっているのでしょうが、吾郎が理由もなくゲストさんにお尻を蹴られた事を思い出してしまって私は楽しめなかったです。
「タコを使った料理」はどちらのチームのも美味しそうでした。タコとキュウリの冷製パスタは簡単に作れそうですね。判定はオムライスを作った吾郎・剛ペアの勝ちでした。

「イマドキネームクェスチョン」については、あのお子さん達がかわいそうだなぁ、という感想しかありません。それよりも「馬は自分のことを馬と思ってない。だから名前なんてどうでもいい」という剛のコメントが印象に残りました。というのも昔言語学の教授のが似た様な話をしたのを思い出したからです(「名前なんてどうでもいい」とは言いませんでしたが)。
クイズの正解がなかなか出なくて(というより正解するのが無理?!)どんどん突拍子のない答になっていった時の「何でもいいの?」という吾郎の一言も良かったです。何気ないけれど本質を突いていますね。
このコーナーはイマドキネームとは無縁の正広さん、吾郎さん、剛さんの含蓄あるコメントを味わう企画だと思う事にしました(でもシリーズ化しなくていいです)。

歌ゲストはシェレルさん。「Happiness」が今大人気のウェディングソングだそうで、ウェディングドレス姿のシェレルさんと黒タキシード姿のスマさん達がレッドカーペットの上で歌うという、とてもきれいな演出でした。黒タキシード姿のスマさん達はいいですねえ。吾郎が昔結構情報誌の表紙を飾った事を急に思い出しました。


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理者だけに読んでもらう (非公開コメント投稿可能)