稲垣吾郎さんとSMAPと新しい地図と。すべてが好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

敬意と笑いと (「ゴロウ・デラックス」 2/6)

今迄何人もの芥川賞・直木賞受賞者の方をゲストにお迎えしてきたゴロウ・デラックス。前回は芥川賞と直木賞受賞者の方に同時に出演して頂いたわけですが、今回も同時出演です。しかも「ゴロウ・デラックス恒例企画」と銘打たれているのが嬉しい。これからもずっとこの形が続きますように。

第152回直木賞 西加奈子さん
第152回芥川賞 小野正嗣さん

オープニングで並んで登場したお二人に吾郎から花束が。授賞式はこれからなので一足早いお祝いですね。
お二人ともちょっと照れていらっしゃるようでしたが、スタジオが華やかになりました。

まずは受賞が決まった時のお話から。
西さんは文学新人賞を取ったのではなく、ご自分から出版社に原稿を送りそれをきっかけに作家デビューしたのだそうです。その時原稿を読んでくださった編集者の方への恩返しとして直木賞が取りたかったと仰いました。当日はその編集者の方と「待ち会」をしていて、受賞が決まった瞬間その編集者さんは喜びを爆発させてすごいことになったとか。
一方、小野さんは教鞭を取る立教大学で2コマの講義をし、家に真っ直ぐ帰ってお風呂掃除などをし…、といつも通りに過ごしていらしたそう。「妻が非協力的でしてね。『あなた、ご飯食べるの食べないの?』って聞くんですよ。受賞したらすぐに行かないといけないので食べておかなきゃだし、そうでなかったら…。そうかと思うと突然『決まったよ』と言うので『え?!』と驚くと『ウソだよーん』って(笑)。」選考の待ち方も色々ですね。

そして朗読と作品紹介。

課題図書 : 「サラバ!」 西加奈子

吾郎が朗読したのは主人公の少年の姉が「自分の信じる物は自分で決める」というメッセージを伝える場面です。「この作品のテーマにもなってますよね。」と吾郎。
選考委員の林真理子さんも「整合性など細かい欠点はあるが、何よりもこの作品の持つ力強いメッセージを2015年の直木賞に選びたかった。」とコメントしています。
西さんはとにかく「ハッピーエンドの話にしよう」とその事だけを決めて書いていったそうです。恋愛小説を書こうと思ったけれど、他の作家の方が素晴らしい小説を書き、直木賞を取った方の作品を読んで「すごい」と思い、それならば自分はハッピーエンドの話を書こう、と。普通他の作家さんの素晴らしい作品を読んだら萎縮してしまうのではと思ったのですが「自然と棲み分けができますね」「他の良い作品を読んだら、その作家に嫉妬などない、敬意ですね」と西さんと小野さんは口を揃えました。さすが一流の作家の方は違いますね。

課題図書 : 「九年前の祈り」 小野正嗣

精神的に不安定な息子を持つシングルマザーが帰ってきた生まれ故郷での物語。小野さんは生まれ故郷大分を舞台にした小説を書き続けていて、この作品でもそこが舞台になっています。
選考委員の小川洋子さんも「土地の持つ力」を描いている、とコメントしています。
外山さんが朗読したのは主人公が故郷に戻ってくる場面。その土地の人達がみんな主人公の家庭の事情を口々に叫ぶ描写にテンポがあります。
「こういうみんなが皆を知っている、濃密な関係のコミュニティって今でもあると思うんです。お互いの家庭の事とか全部。」と小野さんは言います。小野さん自身がそういうコミュニティで育ったからこそ書ける小説なのでしょう。

西さんも小野さんもまず場面の絵が浮かび、それを書きながら物語を膨らませていくそうです。
「僕は映画を見た時にその場面の絵を言葉で表したくなりますね」と吾郎が言うと、隣に座った小野さんが突然鉛筆でメモを取り始めました。「な、何ですか?!」と吾郎が動揺すると、「いや、こういう良い話を学生に聞かせたいと思って。」と小野さん。是非聞かせてあげて下さい。

今回はゲストさんが作品そのものについて語り合った部分よりも作家さんについて話した部分が印象に残りました。笑い声も沢山聞かれて、お茶飲み話のような雰囲気で楽しかったです。


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

はちミツ

Author:はちミツ
【注意:当ブログの内容の無断転載は禁止します。】

稲垣吾郎さん大好き、SMAP大好き!の主婦。
吾郎ファン歴は25年目になります。
彼らがいつかまた集まりたいと思った時そうできるように、彼らがそれぞれ今いる場所で益々輝いていってほしいと願っています。
だから「SMAP大好き」という気持ちも「新しい地図の3人の活動を応援する」気持ちも私の中では同じ一つの思いなのです。
神奈川県在住。

近況
①毎週水曜日は「an・an」の「稲垣吾郎のシネマ・ナビ」をチェック!。
②「ゴロウ・デラックス」(TBS)もお見逃しなく!
③「稲垣吾郎オフィシャルブログ」、twitterアカウント @ingkgrofficial も必見!

メールは↓へ。
walkwithgoro☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログパーツ
クリックで救える命がある。
リンク集
リンクなさる方はお声をかけて下さい♪
情報リンク
こちらもどうぞ♪
/div>
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる