Walking with GORO

SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

BLOGTOP » GORO » TITLE … おいし過ぎる番宣

おいし過ぎる番宣

順番が前後しますが、こちらの番組の感想を先にあげますね。

毎年恒例の「さんスマ」。今年の番宣を担当したのは吾郎と剛でした。
「行列のできる法律相談所」(12/21)には吾郎と剛が出演。
「火曜サプライズ」(12/23)には吾郎が出演。
この2つの番組が本当に面白くて有難かったです。

「行列」の特集(?)は「私今ひとりでも幸せですSP」。ゲストそれぞれの「一人でも幸せな瞬間」を紹介しました。
吾郎の幸せな瞬間はお花(蘭の鉢植え)とジョギング。吾郎の大田市場ロケが新鮮でした。「蘭の知識では日本一」と吾郎が信頼するお花屋さんの社長(ヒロくん?)の案内で市場の中を見て回り、競りにも参加。素直に喜び素直にはしゃぐ吾郎が自然体でとても可愛かったです。一方でジョギングファッションは黒ずくめでハードロック調というのかSF風というのかちょっと変わった雰囲気でした。スニーカーには青いLEDライトが付いていてピカピカと光ります。これを見た小窓の麻木久仁子さん(この日のゲストの一人)は「かっこいい!こんなのが本当に来るんだ!」と興奮していました。麻木さんありがとうございます。
剛の幸せな瞬間はカフェ巡りとギター。週に5回カフェに行くこともあるというから驚きです。「気づかれませんか?」
殿スタッフの質問に「芸能人のオーラを消せるから。カメラが回っていなければこんな風に脚組まないし。」と答える様子がこれまた自然体で良いです。その後ギターのお店に行き、ヴィンテージギターを色々見る剛は本当に楽しそうでこちらまで愉快になりました。
でも本当に面白かったのはスタジオトーク。この日のゲストの一人、本田翼ちゃんが花に興味がないと聞くと吾郎は「花は自分が美しいと気付かずに咲き誇っているんだよ!」と花の素晴らしさを得々と語り出し、翼ちゃんが貰った花をトイレに飾っていると聞くと「ずっとトイレにいさせられたら嫌だろ?もっと見てあげよう!」と花の気持ちになって説教していました。吾郎の「キレ芸」は見る人によって好き嫌いが分かれると思いますが、今回は感じが良かったのではないでしょうか。吾郎の花を愛する気持ちは熱いです!
剛は憧れのギター(番組が借りて来てくれたもの・162万円)を弾きながら自作の「さゆりさん」を熱唱しました。後ろで吾郎が「吉永小百合さんの為に作った歌なんです」と共演者の皆さんに説明。このコンビネーションがとても良かったです。そういえば翼ちゃんの「花にあまり興味がない」発言の時、吾郎の後ろで剛が低い声で「分かんないの?」とぼそっと言ったのが怖かった、いや失礼、頼もしかったです。ロハス好きとしてはここが最大の萌えポイントだったかも知れません。

「火曜サプライズ」では吾郎はMCのウエンツ瑛士くん、DAIGOくんと共に西葛西でロケ。カレー好きのさんまさんの為にインド人が多く住むこの街で材料を調達し、カレーを作るという企画です。インド人の経営するお店でお勧めのスパイスを買い(ついでに失敗した時用の保険としてレトルトも・笑)、野菜を買い、ナン作りに挑戦するもお約束通りに失敗し…と珍道中をしながら最後は生放送でさんまさんにカレーを振舞う、という起伏に富んだ展開で面白かったです。イケメン3人がスーパーの袋を下げて歩いている画に不覚にも萌えてしまいました(笑)。何より外ロケだと吾郎が活き活きするので見ていて楽しかったです。
さんまさんは日本で一般的なカレーがお好きな様なので、吾郎の作ったカレーは好みには合わなかったのですが、さんスマ本番ギリギリまで生で試食して下さったのは嬉しかったです。

どちらも思いきり愉快に笑える番組でした。人を貶めたり弄ったりすることなく笑いを取れるってすごく大事な事だと思います。

そして…
本編は番宣を果たして超えられたのか?
という事については、後日書けたら書きます。
(なんかいい加減な言い方ですみません)


拍手ありがとうございます



スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理者だけに読んでもらう (非公開コメント投稿可能)