SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

原作者が語る映画の魅力 (「ゴロウ・デラックス」 11/28)

課題図書 : 「紙の月」 角田光代

今日はオープニングトークはなし。その代わり現在公開中の映画「紙の月」の映像から始まりました。
映画を見てから小説を読んだという吾郎と小説を読んでから映画を見たという外山さん。「印象が違うだろうねえ」と吾郎は興味津々のようです。

角田さんは映画化に際して脚本が送られてきた時、
「(脚本を)見ないで『OKで~す』」
と返事したとか。これには吾郎も外山さんも
「ええーーーっ?!」とビックリ。
「不安じゃないですか?」と吾郎が聞きましたが角田さんは
「不安より楽しみの方が(大きい)。最後まで見て本当にびっくりして衝撃を受けました。」と嬉しそうに答えました。
「答え(結末)は自分が知ってるわけじゃないですか」と吾郎に言われても「それでも本当にびっくりしました」と角田さんはにっこり。
「いいお客さんだよね」と吾郎は感心しました。角田さんは小説と映画は別物と考えていて、純粋に映画を楽しみたいのですね。
角田さんが印象に残ったのは主人公梨花が大学生光太と駅で初めて出会うシーンだそうです。映画ならではの表現方法に感心したとか。そのシーンが画面で流れましたが、確かに鮮烈な演出です。
小説だと色々な情報を織り込んで場面を描写しなければいけませんが、映像だと「何の言い訳もなく恋に落ちちゃって、何の言い訳もなく引き込まれちゃう。小説であの通りの描き方をするとただの悪い人になる。」(角田さん)
「小説だと、(主人公のやっている事は)悪いんだけど、応援したくなっちゃう」(外山さん)
そんな外山さんの印象に残ったのが「イヤな旦那」。映画の中では梨花が契約社員になって初めての給料で時計をプレゼントしたのに大して喜ばないシーンがあります。
「小説の中では本当にイヤな人なんですけど、(夫役の)田辺誠一さんの演技を見たら、悪気はなくてただ価値観がずれた人かもしれない。」(角田さん)
「いい人っぽいんだけど、実はイヤな人。そういう役を僕も演じたい。」と吾郎が言うと角田さんは「ほぅ」と深くうなずきました。
そして映画には登場しなかった「イヤな旦那のシーン」を吾郎が朗読。
読み終わると「ムカつくー!」(外山さん)「今聞いてたら本当にイヤですね」(角田さん)と二人から大ブーイングが。それだけ吾郎の朗読が真に迫っていたのですね♪

角田さんは直木賞の他計15作品で文学賞を受賞されているベストセラー作家。小学校1年生の時小説家になろうと思ったそうです。作文がとにかく好きで一日中ずっと書いていたというから驚きです。
今回は角田さんに手書きで履歴書を書いてきて頂きました。面白かったのは執筆時間が「(基本的に)月曜から金曜の9時から17時」で通勤時間は「15分」という事です。
自宅だとTVやゲームや猫など楽しいものがあり過ぎるので別の場所で書く。16時45分位には書くのを止めて後片付けを始め17時にその日の仕事を終えます。
「書くのが止まらなくなるとかないんですか?何かが降りて来て気が付いたらずっと書いてたとか。」と外山さんが聞きましたが
「降りても来ませんし、筆は止まります。降りても来ないし誰も動きませんし。」と角田さんが淡々と答えたので、吾郎と外山さんは爆笑しました。
「(夕方の)5時に仕事を終えたらその後どうするんですか?」という吾郎の問いに「出かけたり飲みに行ったり」と角田さん。朝の4~5時くらいまで飲むことがある、という話で外山さんと意気投合し盛り上がりかけると吾郎は
「普通の人は終電で帰るんだよ?朝の4時まで飲む人はいないよ?」とちょっと口を尖らせて角田さんを諭しました。その口ぶりが可愛かったです

角田さんが小説を書く上で大切にしているのは「ずるをしない」事。書きづらい個所でも楽な方法に逃げず丁寧に書くという事のようです。
「紙の月」でずるをしなかったのは定期預金証書を偽造するシーンでした。勿論角田さんはそんな方法は知りませんから銀行の人にきちんと話を聞いたうえで書いたのだそうです。
そして外山さんがそのシーンを朗読。映画のシーンと重ねてみると描写の細かさが分かります。
「でも大丈夫です。少し昔の話なので、今は(この方法では偽造)できません。」と角田さんが補足。
「だから少し昔の話になっているんですね」と吾郎は納得していました。

今回は小説家の方が映画化された自分の作品をどう見ているのかという貴重なお話が聞けました。
やっぱりゴロデラは良い番組です!


拍手ありがとうございます


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

はちミツ

Author:はちミツ
【注意:当ブログの内容の無断転載は禁止します。】

稲垣吾郎さん大好き、5スマ大好き!の主婦。
吾郎ファン歴は24年目になります。
神奈川県在住。

近況
①毎週水曜日は「an・an」の「稲垣吾郎のシネマ・ナビ」をチェック!。
②吾郎出演映画「少女」は2016年10月8日公開♪
③吾郎出演ドラマ「不機嫌な果実」のDVD、Blu-RayBOXは2016年10月19日発売♪
④「ゴロウ・デラックス」(TBS)もお見逃しなく!


メールは↓へ。
walkwithgoro☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログパーツ
クリックで救える命がある。
リンク集
リンクなさる方はお声をかけて下さい♪
情報リンク
こちらもどうぞ♪
/div>
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる