Walking with GORO

SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

BLOGTOP » GORO » TITLE … 36年も愛される理由 (「ゴロウ・デラックス」 9/12)

36年も愛される理由 (「ゴロウ・デラックス」 9/12)

オープニングトーク。
「吾郎さんには子供の頃からの友達はいますか?」(外山さん)
「いない!僕14歳からこの芸能界に入ったでしょ?…だからメンバーが友達かな?」
と吾郎はニッコリ…。でもなんでそんなにわざとらしい笑い方なの?!(笑)

今回の課題図書は吾郎も外山さんも良く知っているようで終始嬉しそう。ゲストさんの温かいお人柄とも相まってスタジオにはほのぼのした空気が流れていました。

課題図書 : 「ズッコケ中年三人組 Age48」 那須正幹

「懐かしかった。本を読む習慣のない子が初めて触れる本、って感じで。」(吾郎)
「本当に好きだったんですよね。」(外山さん)
スタジオに入ってきた那須さんは見るからに温厚そうなおじいちゃん。話し方ものんびりしていて「児童文学者」という言葉がピッタリです。
「今日は山口からいらして下さったんですよね」(外山さん)「へー!」(吾郎)
「そりゃ稲垣さんに会えるっちゅうから」(那須さん)
…こんなおじいさままで虜にするとは、吾郎恐ろしい子!(笑)

「ズッコケ三人組」シリーズは1978年から2004年まで続いた大人気小説シリーズ。ハチベエ、モーちゃん、ハカセの3人組を巡る物語は50作で完結しましたが、2005年に「ズッコケ中年三人組」として新たにスタート。一年に一作、三人組が一歳ずつ歳を取っていく設定で続いています。そして今回の課題図書はその最新作。三人組は48歳になりました。

吾郎が朗読したのはハチベエが電車の中で痴漢と間違われるシーン。この作品では痴漢冤罪がテーマなのです。那須さんは弁護士さんなどに話を聞き、それを基に書いたそうです。
「そういう所がリアルですよね。痴漢に間違われたら大変なことになっちゃう。」(吾郎)
「特にハチベエは市会議員だしね」(那須さん)
「僕が痴漢に間違われたらおしまいだよね」(吾郎)
「そりゃそうですよ」(外山さん)

ここでVTR。外山さんが那須さんの住む山口県諏訪市を訪ねました。
那須さんのご自宅は地元では「ズッコケ御殿」と呼ばれるほど有名で、鉄筋コンクリート3階建ての大きな建物。「現代的ですねえ」と吾郎も驚いたようでした。
書斎のパソコンの脇にはノートがあり、次回作(Age49)のアイディアも書いてありますが…那須さん、ご自分でネタバレしちゃいました(笑)。
書斎とは別に書庫もあり、こちらには「ズッコケ三人組」全巻が揃っている他那須さんの蔵書が保管されていてまるで図書館の様です。
「ここにはどれくらいの本があるんですか?」(外山さん)
「分からない。僕は図書館があまり好きじゃなくてね。好きな本は手元に置いておきたいから増えちゃう」(那須さん)
このVTRを見た吾郎は「一度読んだ本って捨てられないよね」としみじみと言いました。
吾郎、いい事言うなあ

「更に私、『ズッコケ三人組』の舞台のモデルになっている街、広島県己斐(こい)市にも行って参りました♪」と外山さんが嬉しそうに言ったので「えー?!」と吾郎は思わずブーイング。
「他に仕事無いの?」(毒矢がリンゴに刺さる)

広島県己斐市は那須さんが子供時代を過ごした街で、小説に出てくる「みどり市花山町」のモデルです。JR西広島駅の駅前には『ズッコケ三人組』の銅像が立ち、駅前の本屋さんや小学校など小説のモデルになっている場所がそのまま残っています。『ズッコケ三人組』は己斐の街から愛されているんですね。

那須さんは時代と共に子供たちのファンレターが変化してきたのが気になったそうです。
最初は「うちのクラスにもハチベエのような子がいます」「僕たちも秘密基地を探検しました」といった内容でしたがやがて
「三人組は私たちの出来ない事をしているから楽しい」という内容になり、「ズッコケワールドと現実世界とが乖離しちゃった。」(那須さん)
90年代には「三人組のような友達関係が羨ましい」という感想になって「今の子供は友達関係で苦労しているだな、と。ズッコケワールドと現実との乖離を感じたので(シリーズを)止めたんですけどね」
那須さんは少し寂しそうでした。

とはいえ「帰ったら次回作を書く」と那須さんは元気いっぱいです。
「そういえば『ゴロウ』って(小説に)出てきませんね。もし良かったら…」(外山さん)
「気が向いたら入れようかな。でもあんまりいい人ではないかも知れんよ」(那須さん)
「いい人でない方がいいですよ」(吾郎)
いい人でなくても良いので是非お願いします!

最後にAD山田くんから消しゴムはんこのプレゼントがありましたが、山田くんは声がガラガラに掠れてほとんど出ていませんでした。本当に辛そう。お大事にね。

実は私、『ズッコケ三人組』の名前は聞いたことがありますが内容については全然知りませんでした。世代的にちょうどすれ違ってしまったようなのです。でももし次回作「ズッコケ中年三人組 Age49」で「ゴロウ」が登場したら是非読みたいです。


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理者だけに読んでもらう (非公開コメント投稿可能)