Walking with GORO

SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

BLOGTOP » 「信長のシェフ」 » TITLE … 真相は時の闇の中に (「信長のシェフ」 #8)

真相は時の闇の中に (「信長のシェフ」 #8)

あっという間に最終回になってしまいました。その最終回でも光秀様は重要な役回りでした。

「本能寺の変」まではとても行きつけないだろうなと思っていましたがやはりそうでしたね。最終回は浅井長政攻めの話でした。こんな重要な事をなぜ一介の料理人に任すのか?というツッコミを脇に置いて見たらそれなりに楽しめました。それがこのドラマの良さですね。

で最終回の光秀様は完全にラスボスポジション。最初の登場が暗い夜道でケンと話すシーンですから。「黄泉の祠が開くときにそこに行けば平成に帰れる」と最初は優しく諭していましたが、徐々に「お前はここにいるべきではない。帰れ。」「お前は将来の事を知っている。目障りじゃ。」とどんどん怖くなっていきます。話し方が終始穏やか(癒しのエンジェルボイス♪)なので更に怖い。ケンに巧みに鎌をかけ、本能寺で自分が信長を殺す事も知ってしまいます。このシーンは迫力がありました。冷酷な目にしびれました。

結局ケンは黄泉の祠へは行かず信長の命令通りに浅井長政の下へ行き、説得の末お市の方と3人の娘たちを助け出したわけですが…。

最後、光秀様は「黄泉の祠の話は嘘だった」と明かします!「それでお前が黄泉の祠へ行けばそれだけの取るに足らぬ男。でも行かなかったという事は本当にわしにとって邪魔な男だという事だ。」と言ってなんと懐から短銃を!!ギャー怖い!と思った途端「バーン!」って…。何とお茶目な光秀様♪
しかし「この次お前と会う時はこの本能寺になるだろう」と不気味なお言葉を。本当にやるおつもりですか?(いややるんだけど)

光秀様とケンのこのシーンがドラマ全体のラストシーンだったので、光秀様の重要度は高かったのだなと思いました(出演時間はそんなに多くなかったかもしれませんが)。
問題は続編があるのかという事ですが、どうでしょうね…。最後にDVD-Boxの告知はありましたが、続編については神のみぞ知る・・・?

とにかくこのドラマで光秀様はなかなかいいポジションだったので、公式BBSには感想を書いて来ようと思います。
(実はまだ書きに行ってません、すみません。)


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理者だけに読んでもらう (非公開コメント投稿可能)