Walking with GORO

SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

BLOGTOP » 「信長のシェフ」 » TITLE … ついに光秀様が動く? (「信長のシェフ」 #7)

ついに光秀様が動く? (「信長のシェフ」 #7)

久しぶりに光秀様がお出ましになりました。しかも1時間ほぼ出ずっぱりでした♪

遂に足利幕府を倒して天下を取る決意を固めた信長様。その命を受けたケンが光秀様と共に京へ上がり、将軍足利義昭に料理を出すが将軍の怒りを買ってしまう…というお話。将軍足利義昭の追放にケンの料理を絡めてなかなかスリリングな展開でした。
そして何より魅力的だったのが、光秀様のミステリアスで上品な佇まい。光秀様は大変な知将だったそうですが大きな黒い瞳が輝くと確かに知的に見えます。
信長様の意図を知って不敵にほくそ笑み、戸惑うケンを見てなぜか楽しそうに笑うかと思えば窮地を救い、ケンが信長様と自分の未来をどれくらい知っているのか探りを入れ…、実に様々な表情を見せてくれます。
そして最後には信長様に「御館様はケンに頼り過ぎではありませんか?」「ケンは危険な男です」と進言しますが「嫉妬はお主に似合わぬ」と信長様の怒りを買ってしまいます。おおいよいよ信長様と光秀様の対立が?本能寺の変への布石が打たれたのでしょうか?
来週が最終回というのは早すぎますが、どういう結末になるのか期待してみたいです。本能寺の変まで行くとすればかなり詰め込まなければなりませんが…。

今回私のツボだったのは光秀様がケンを掴んで障子戸を破って将軍の館から逃げ出すシーンでした。普通に障子戸を空けて逃げるのではなく、わざわざ障子戸を派手に破ってジャンプするところが映画の「ダイ・ハード」みたいで(笑)楽しかったです。


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理者だけに読んでもらう (非公開コメント投稿可能)