Walking with GORO

SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

BLOGTOP » 映画 雑誌 » TITLE … 18年後に明かされた真実 (「稲垣吾郎シネマナビ!」)

18年後に明かされた真実 (「稲垣吾郎シネマナビ!」)

昨日ムービージャッジをリピしていて、吾郎は本当に映画を愛しているんだなと改めて思いました。「TOKYO TRIBE」を「バカ映画」と呼んだのも「喰女」に「目を背けた」と言ったのも勿論全部褒め言葉で、吾郎はいつも作品への敬意を表しています。

an・anに連載されている「稲垣吾郎シネマナビ!」からもいつもそれを感じます。だからこそan・anでの連載がずっと続いているのでしょう。
今回は「物語る私たち」という映画について語っています。サラ・ポーリー監督が自分の家族や両親の知り合いにインタビューし、自分が子供の時に亡くなった母親の人間像を描き出す映画だそうです。そして「過去は変えられないものという気がするけれど、みんな自分の解釈で過去を変えていく。だから同じ事実を振り返っても人によって違う。」と吾郎は語り、そこから思いがけない話に展開しています。

「例えば先日の27時間テレビのなかで、森君が脱退した日にみんなが急きょ彼の家に集まって断髪式をした話になって。僕だけよそで遊んでいて行かなかったという冗談話になっていましたが、本当のことを言うと、前日みんなで会った時に気持ちに決着をつけたつもりだったので…でも遊んでいたからと思われていたのか、って(笑)。」



この話は今まで色々な番組でメンバーが冗談めいたネタにしていて、それについて吾郎は何も言いませんでしたが、今回初めて吾郎自身の口から本当の理由が明かされました。森くんの断髪式に行かなかった理由も、今まで何も語らなかった理由も、実に吾郎らしいと思います。
特にあの時は、オートレーサーに転身する森くんを「帰って来るなよ」と言って送り出したのですから、一度きちんとけじめをつけたらきっぱりと別れてそれぞれ自分の信じる道を歩く、それが森くんへの礼儀だと吾郎は考えたのではないかと、私は想像します。私はそんな吾郎が大好きです。

もしかしたら吾郎はこの話をするつもりは最初無かったのかも知れません。もし語る気になったとすればこの「物語る私たち」と映画がそれだけの力を持っているからなのでしょう。

私は「18年前の吾郎と森くんの物語」を今聞けて嬉しかったです。
an・anをまだチェックしていない方は早めに本屋さんへ行ってみてください。必読です。


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理者だけに読んでもらう (非公開コメント投稿可能)