Walking with GORO

SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

BLOGTOP » 「福家警部補の挨拶」 » TITLE … 「福家警部補の挨拶」 #11

「福家警部補の挨拶」 #11

「福家警部補の挨拶」最終回はとても見応えがありました。何回でもリピしたいです。

今回の犯人は上品な老夫婦。15年前娘が母親の目の前でストーカーに殺され男は自殺。その悲しみと怒りから、法で裁かれなかった犯罪者達に復讐をしていきます。逃走中の銀行強盗犯グループを巧妙に罠にかけ爆弾で殺害したのです。
夫婦は昔化学肥料会社を経営しており、技術部門の責任者だった妻が爆弾を製造し計画を主導します。車椅子生活の妻と常に付き添い支える夫。一見穏やかに見える老夫婦が心に抱える傷の深さがとても悲しいです。
犯人役は八千草薫さんと山本學さん。八千草さんが犯人役を演じるのはほぼ初めてだそうですが、福家の追及を笑顔でかわし、時に挑発する演技は迫力があり引き込まれました。
福家に決定的な証拠を突き付けられた老夫婦は、娘の部屋に篭り自爆してしまいます。
ラストシーンでの福家の号泣は犯人を逮捕寸前まで追い詰めながら自殺されてしまった悔しさからなのか、老夫婦を救えなかった悲しさからなのか?
どこまでも救いのない話ですが、「福家~」らしいテイストで良かったと思いました。

そして最終回では石松警部(警視に昇任決定!)の見所が沢山ありました。
その1. 石松警部自身の物語が明らかに!!
今回の爆殺事件のきっかけになった15年前のストーカー殺人事件の捜査に石松警部が関わったらしいのです。「僕が警察の限界を感じた事件であり、上を目指すきっかけにもなった」と語り、「君もそうすべきだ」と「警部昇任承諾書(?)」を福家に渡します。
前回のラストで言っていた「福家警部警部補の処分」とは警部昇任の事だったのです。「(書類に)サインをしなさい」と命令する厳かな口調に痺れました。
その2. 石松警部のアクションシーン♪。銀行強盗犯グループの1人が生き残り老夫婦に命を狙われている事に気付いた福家と石松警部は男のアパートに向かいます。駐車場の車の下を探す福家の後ろで石松警部はたった一人で男と格闘!福家が爆弾を見つけて「爆弾です!」と叫ぶと「離れろ!!」と太い声で叫び跳ねる様に地面に伏せます。私は吾郎がふとした瞬間に見せるワイルドな面が大好きなので、この石松警部の男らしさを堪能しました。
その3. ラストシーンでの福家との静かな語らい。このドラマの締めくくりに相応しい重みのあるシーンでした。一度は福家に昇任を迫った石松警部が「僕の方から断っておきました。」と静かに告げます。石松警部は福家の経歴や性格を理解したうえでそうしたのでしょう。石松警部と福家警部補との不思議な信頼関係を感じました。

石松警部は初め「融通が利かない無理解な上司」という感じのキャラ設定だったと思いますが、回を追う毎に実は福家の能力は認めているような雰囲気になってきました(福家の単独行動は絶対に許しませんでしたが)。最終回では福家といいコンビになりましたし、最初のキャラ設定とかなり違ってきました。吾郎が演じる事で役の意外な面が引き出されたように思います。

終わってみるともっと見たいという気になってきました。でも続編だと石松警部は昇進・異動するから出番はなくなりそうなので、福家と石松警部の過去を描くスピンオフが良いかも知れません。
公式BBSにはDVD発売と一緒にお願いしてきます。


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理者だけに読んでもらう (非公開コメント投稿可能)