「女子アナ」から見える現実 (「ゴロウ・デラックス」 2/28)

今回のゲストは小島さんの元上司。そのためか小島さんはちょっと緊張しているように見えます。「僕にとってのマッチさんみたいな」と吾郎が分かりやすく譬えました。どんな話になるのか興味津々です。

課題図書:「アナウンサーが教える愛される話し方」 吉川美代子

「どうも。アナウンス室のマッチです。」と落ち着いた微笑みを浮かべながら入ってきた吉川美代子さんはTBSのアナウンサー。コメンテーターや解説委員として活躍されているほかTBSアナウンススクールの校長を務めたり後輩アナウンサーの育成に当たったりされています。そして今年の5月に定年を迎えるそうです。
「ということは還暦ですね。奇跡の還暦ですよ!カメラさん寄ってください!」と小島さんが叫んだほど吉川さんは若々しくておきれいです。
吉川さんは小島さんが入社試験を受けた時の試験官であり、新人研修の先生でもあった方だそうです。すると吉川さんはやや小さい声で「これは今だから言えるんだけど」と前置きして、
「実は試験の後当時のアナウンス部長に呼ばれて『君、小島慶子の事をどう思う?』と聞かれたんですよ。『背は高いしきれいだし生意気そうだ。』と。『ああいうのは女性視聴者から見てどうかなあ』と聞かれたから私は『いやそれは男性の見方で、女性視聴者はそんな気にしないと思いますよ』と答えたんですよ。」と明かしました。
「そんな事があったんですか…。ありがとうございます、そうおっしゃって下さらなかったら私落ちてたかも知れない。」と小島さんは改めて吉川さんに感謝していました。
吉川さんは小島さんを「きれいで大人っぽい感じで頭がいい」と高く評価していましたが、同時に「当時の女子アナ女子アナした番組になじまなかった。その事でモヤモヤしたり焦りを感じたりしていたと思う。」と見ていました。
そしてそれば吉川さん自身が体験した事でもあったのです。

ここで吾郎の朗読。吉川さんがニュースキャスターになった時局内の風当たりは相当強く、「俺の書いたニュース原稿を女の声で読まさないでくれ。」と言った記者もいた、というくだりです。どう考えても女性差別ですがこういう事を平気で言える空気がTV局の中にあったんですね。
「そう言った人の顔をいまでもはっきり覚えています」と吉川さん。「もう名前も言っちゃえ、アンタだよ、アンタ!」と小島さんはカンカンです。
ここから話題はいわゆる「女子アナ」について、へ。小島さんは吉川さんに褒められたような喋り方を番組ですると「生意気だ」と言われてしまいモヤモヤしたそうです。「で、研修でボロボロだった人が『え、わかんな~い』みたいに言うと『あの子いいねぇ』と言われたり。」
吉川さんは「アナウンサーの基礎がある上でお遊びの部分で「女子アナ」番組に出るのならいい。でもあれを目指すべきじゃない。」とはっきり言いました。以前高校野球のスター選手がドラフト1位でプロ野球入りした時ニュースで「悪い女子アナにひっかからないように」とコメントした位、いわゆる「女子アナ」に対しては辛辣です。

「40歳になった女性アナウンサーはテレビに出なくていいのでは」と言われた事もありましたが、その時は吉川さんの味方になってくれる人がいてニュースの仕事を続けられました。でも「50歳になった時、本当に信頼していた人から『50歳過ぎたらもういいよね。引退、引退』と言われて、『そうですか。分かりました。』とやめました。」と吉川さんは少し声を震わせました。今年60歳の吉川さんが50歳の時ですから、なんとこれ、たった10年前の出来事ですよ!私は怒りを通り越して情けなくなりました。
「それっておかしいですよね。きっと女性にとっては(吉川さんのような存在は)励みだったり憧れだったりすると思う。」と吾郎は言いました。その通り君はよく分かっている
憤懣やるかたない感じの吉川さんと小島さんに吾郎は
「僕はお二人の味方です」と言って場を和ませました。
さすが、吾郎は出来る子

最後に「GNNニュース」と称して、吾郎、小島さん、吉川さんでニュースの原稿読みの実践を。吾郎は「新春シャンソンショー」「志布志市市民会館小ホール」などの早口言葉に悪戦苦闘しながらも時々カメラを見ながら何とか原稿を読み終えました。小島さんは原稿を追うのに必死だったためカメラを見ることが出来ず…。一方の吉川さんは「差し込み」で渡されたニュース原稿も落ち着いて正確に読みました。コツは原稿を目で追うだけでなく、最初にサッと全体を眺めて内容を捉える事らしいです。
上手く読めなかった小島さんに吾郎が「本当にアナウンサーなの?」と突っ込むと「15年頑張ったの。15年頑張ったけど女子アナにモヤモヤしたものを感じて『もうやめたやめた!女子アナ廃業!』と言った私と、そこで踏ん張った吉川さんとの差ですよ。」と小島さんは上手にまとめました。

今回は楽しかったり怒ったりちょっと絶望的な気分になったり滑舌の勉強になったり、と盛り沢山な内容でした。最後の稲垣アナウンサーがかっこ良かったので、いつかドラマでやって欲しいなと思いました。


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はちミツ

Author:はちミツ
【注意:当ブログの内容の無断転載は禁止します。】

稲垣吾郎さん大好き、5スマ大好き!の主婦。
吾郎ファン歴は24年目になります。
神奈川県在住。

近況
①毎週水曜日は「an・an」の「稲垣吾郎のシネマ・ナビ」をチェック!。
②吾郎出演映画「少女」は2016年10月8日公開♪
③吾郎出演ドラマ「不機嫌な果実」のDVD、Blu-RayBOXは2016年10月19日発売♪
④「ゴロウ・デラックス」(TBS)もお見逃しなく!


メールは↓へ。
walkwithgoro☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログパーツ
クリックで救える命がある。
リンク集
リンクなさる方はお声をかけて下さい♪
情報リンク
こちらもどうぞ♪
/div>
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる