Walking with GORO

SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

BLOGTOP » スマスマ » TITLE … 新年は華やかに (「スマスマ新春SP」 1/6)

新年は華やかに (「スマスマ新春SP」 1/6)

新年1回目は2時間超SP。それに相応しい華やかさで楽しかったです。

「スマ進ハイスクール」は宝塚歌劇団の皆さんがスタジオに集結して宝塚流のダンスや演技を教えて頂きました。講師は花組・星組・宙組の各トップスターの皆さん。普段は組毎に別々に公演している為、各組のトップスターが一堂に会する事はないそうで、それだけでも今回の企画は永久保存版と言えるでしょう。
まずはターンの練習から。ここでは運動神経抜群の剛が喝采を浴び、階段降り(怖そう!)では木村くんがビシッとキメます。
そんな中一番面白かったのは「宝塚流演技」のコーナー。吾郎の演技は自然でかつ文句なくかっこ良かったです。特に台詞回しは完璧で(さすが舞台で鍛えているだけのことはあります)、100人のタカラジェンヌの皆さんが水を打ったように静かに聞き入っていました。最後コートを着るのに少しもたついた時に少し笑いが起きましたが、吾郎がコートの襟を立てると皆さんから「おおー」とどよめきが起きました。階段に立った時も吾郎の立ち姿の美しさは目立っていましたが、コートを羽織った時にその美しさが一番よく分かりました。先生にも「背中に男の哀愁がある」とほめて頂けて嬉しかったです。
それを見た中居くんは「僕もこれをやらなきゃダメですか?」と机に突っ伏し半ば罰ゲーム状態。「ちぇっ」と足をけり上げる身振りを入れて少し拗ねたような演技に仕上げました。なかなか可愛らしかったです。
階段ダンスでは木村くんが完璧に踊り大喝さいを浴びました。そして最優秀生徒ももちろん木村くんでした。

(実は今回はこの宝塚のスマ進ハイスクールが楽しくてここばかりリピしていました。感想が捗らなかったのはその為です。)

ビストロのゲストはレディ・ガガ。全身にスパンコールがあしらわれた肌色のボディースーツで登場したので中居オ-ナーは目のやり場に困っています。
キッチントークでは「無人島に1枚だけCDを持っていくとしたら」「初めて彼の家に遊びに行くときのファッションは」などのテーマで話が弾みました。
ガガ様が持っていくのはビートルズの「アビィ・ロード」。即答でした。吾郎が持っていくのはデヴィッド・ボウイの「ジギー・スターダスト」。それを聞いてガガ様は「いいアルバムですね」と頷いていました。吾郎が質問した「宇宙コンサート」はホームレスへのチャリティでもあるとか。ガガ様の視野の広さには感服します。
一方ガガ様は初めて彼の家に遊びに行くときは普通のトレーナーとミニスカートとハイソックスを着ると言いました。ガガ様のパブリックイメージからは一番かけ離れたファッションです。それを聞いて木村くんは「ガガ様のスッピンはすげー可愛いよ。さっき~リハの時見たけど~すげ~可愛い~」と中学生口調で言いました。
試食の時ガガ様は「父も同席していいですか?」と言い出し、ガガパパも参加することになりました。親子の会話からはガガ様が愛情豊かな家庭で育った事が分かります。
「和食とイタリアンを融合した料理」対決の判定は木村・剛ペアの勝ち。イタリアンレストランを経営しているガガパパの参考になったでしょうか。

「恋愛の許せる?許せない?」は女優さん方との新年会。元々「ベビスマ」で始まり、堀北真希さんゲストのビストロで盛り上がった企画です。これは堀北さんメインのコーナーとも言えますが、スマさんだけで議論(?)して欲しい気もします。
「彼氏が彼女の荷物を全部持つ」事は許せないという木村くんと吾郎。しかし理由は少し違っていました。木村くんの理由は「彼女が持ってきたバッグは彼女の(ファッションの)一部だからそれは彼女が持ってほしい」から。吾郎の理由は「自分は全部持ちたいが、全部持たせている彼女が周りからどう見られるのか」を気遣うから。どちらも大人の意見ですね。

歌コーナーのゲストはパフォーマーの蛯名健一さん。私は初めて見ましたが、ニューヨークのアポロシアターで年間チャンピオンになった方だそうです。驚異の身体能力と軽やかなダンスに「うぉ~」と声を上げるスマさん達。「SHAKE」「Battery」のメドレーはかっこ良かったです。吾郎もすっきり痩せて見目麗しかったです。

昨日のスマスマも楽しかったですが、そちらの感想はまた改めて。


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理者だけに読んでもらう (非公開コメント投稿可能)