Walking with GORO

SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

BLOGTOP » SMAP » TITLE … FNSうたの夏まつり (7/31)

FNSうたの夏まつり (7/31)

久々にSMAPの生歌が聴けるので期待半分緊張半分で観ました。
とても楽しかったです

オープニングは「SHAKE」。5人ともプロらしく番組をしっかり盛り上げます。観客を楽しませる力はやっぱり抜群ですね。
今回の目玉は「昭和」をテーマにしたコラボ。
慎吾とナオト・インティライミさんの「上を向いて歩こう」は二人らしいのびのびした感じで微笑ましかったです。吾郎は大橋トリオさんと「あの素晴らしい愛をもう一度」。吾郎は緊張しているように見えましたが、ふんわりとした歌声で会場を包んでいる感じがしてとても良かったです。そして歌い終わった時の司会の剛の笑顔がとても温かくてこれも永久保存版になりました。木村くんは斎藤和義さんと「ずっと好きだった」。ロックっぱいテイストで木村くんに合っていて、ギターにハーモニカと楽器も頑張っていかにも木村くんらしいカッコよさが伝わってきました。
そしてトリもSMAP。FNSでは最初と最後に歌うパターンが定着したようです。今回の「Joy!!」では作詞作曲者の津野米咲(赤い公園)がギターで参加してくれました。いつもと違うサウンドだったので新鮮に聞こえ、一段と盛り上がったと思います。最後は出演者全員がステージに出てじょいじょいしましたが、SMAPはその華やかさに負けない、いやそれを上回る存在感で魅了していましたね。すごい人達だなあと改めて思いました。
そんな彼らも歌前のトークではつよぽんの司会ぶりについて即興で反省会をしてしまう軽妙な面白さを発揮するのですから、まさにSMAPに死角なしと言った感じです。
そうそう、このトークの時に吾郎が「普段一人で歌う事が無いので、またこのようなコラボをしたい」と言ったのですが、これは今後に期待していいという事なのでしょうか。というか期待しますよ!

他の歌手の方の歌では橘いずみさんとmiwaさんの「失格」、横山剣さんと和田アキ子さんの「タイガー&ドラゴン」、槇原敬之さんとキスマイの「どんなときも」が印象に残りました。色々な歌が楽しめて良かったです。


拍手ありがとうございます

スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理者だけに読んでもらう (非公開コメント投稿可能)