Walking with GORO

SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

BLOGTOP » スマスマ » TITLE … 本音とユーモア (「スマスマ」 7/29)

本音とユーモア (「スマスマ」 7/29)

ビストロゲストは北川景子さんと宝塚男役スターの蘭寿とむさん。北川さんはお母様に勧められて見に行った宝塚の舞台で蘭寿さんに「一気に落ちた」そうで熱心なファンなのだそうです。こういう関係で来られるゲストさんは初めてですね。
2年ほど前に北川さんがスマスマに出演された時は、趣味も無く友達もいないから休みの日もする事が無くせいぜい散歩をする位だというお話でしたが今では「水を得た魚状態」なのだそうです。その気持ちは分かります、スマヲタとしては(笑)。
蘭寿さんは慎吾が宝塚の舞台「オーシャンズ11」を見に来てくれたと言って喜んでいらっしゃいました。そういうこぼれ話が聴けたのは嬉しかったです。

ただ、キッチントークでは微妙な場面も。吾郎ファンなら分かって下さると思いますが心理テストのくだりです。
木村くんと吾郎が同じ「男気40%」という結果でしたが、観覧の皆さんの反応が…ね。木村くんの40%には「えー!」で吾郎の40%には…ってどういう事ですか。これには思わず木村くんも
「どういう客なの?今日」とツッコミを入れていましたね。
吾郎もユーモラスな口調ではありましたが
「どうすれば面白いか分かってるけど、ホントにイライラする。」
「テレビとしてはタレントとしては面白いけど、本音としては全然面白くない、俺。」とキッパリ。
それでいいのだ、言ったれ!言ったれ!時に本音をハッキリという事も必要ですから。
勿論ユーモアは必要です。その点吾郎は本音をユーモアで包んで時に笑いに変えながら主張する事が出来る人ですから、言いたい事があれば言えばいいんです。
(私はメンバー同士でいじるのはまだ構わないのですが、他のタレントさんや観覧のお客さんがそれに乗っかるのは不愉快に感じます。微妙な感情なんですが…。)

試食の美味しいリアクションでは慎吾が久々に「竹ノ塚歌劇団」の小鳩ふぶきに扮して華やかに登場。華やか過ぎて背中に背負った羽根が舞ってしまい、吾郎が手で払っていました。
「おいしいハンバーグ対決」の判定は木村・剛ペアの勝ち。今回は吾郎の本音暴露が一番印象に残りましたが、吾郎ファンだから当然ですよね。

「SMASH TENNIS」のゲストは俳優でテニス歴40年の石黒賢さんとプロテニスプレーヤーの青山修子さん。ベンチでギュッと固まって座っているスマさんと、ユニフォームから覗く腕や脚の筋肉を鑑賞するのが楽しいです(笑)。スマさんは最初にポイントを取ったものの後は得点できずストレート負け。青山さんの希望で木村くんに御姫様だっこをしてもらいましたが、私の目はその脇で何と慎吾を御姫様だっこする吾郎に釘づけになりました。一体どういういきさつでそうなったのか、是非「ベビスマ」で放送して下さい。最近では吾郎の未公開シーンを積極的に流してくれているので(だったら本放送で流せばいいのに・苦笑)。
それにしても吾郎の上半身にはしっかりと筋肉が付いて実は逞しいんですよね、むふふ…。

歌コーナーでは世界50カ国の皆さんと一緒に「世界の国からこんにちは」を。個性的な皆さんと握手したりハグしたりしながら楽しく盛り上がりました。赤スーツも全員似合っていいですよね。


さて、今夜は「FNSうたの夏まつり」。生スマがテレビで見られるのでとても楽しみです。


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理者だけに読んでもらう (非公開コメント投稿可能)