Walking with GORO

SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

BLOGTOP » GORO » TITLE … シャレオツ男の美学 (「ゴロウ・デラックス」 6/14)

シャレオツ男の美学 (「ゴロウ・デラックス」 6/14)

今回のゲストさんは本の表紙で赤いバラをくわえています。
「そうは言っても、結構普通に登場されたりして(笑)。ではご登場ください、高田純次さんです。」
と小島さんが呼ぶと、いきなりカメラの前に薔薇をくわえてどアップで登場!早速笑わせて下さいました。
「僕ベストが好きなんですよ。」といいながらジャケットのボタンを外し中のベストを見せると
「で、この下にも…」と言ってベストのボタンを外しました。すると何とその下にもベストが!何枚も重ね着したベストを次々に見せる高田さんに吾郎は「マトリョーシカみたいですね」とツッコミを。やっとシャツが出てきたと思ったら高田さんは「実はこの下にもベストが…」とシャツのボタンを外し、中のベストを披露しました。「裸ベスト(笑)。もう暑くて汗だく」と笑う高田さんはバラエティ番組で見せるおちゃらけた表情です。
でも、この後今までのイメージとは違う素敵なオジサマぶりを発揮しました♪

課題図書: 「男の美学」 高田純次

高田さんは服が大好きだそうで、この本は高田さんのお洒落のエッセンスを詰め込んだ「ファッションブック」です。
高田さんがファッションに目覚めたのは高校生の頃。石津謙介さんのブランド「VAN」がきっかけでした。すると吾郎が「うちのお父さんもVANとかJUNとか好きでしたよ。」高田さんは66歳。吾郎のお父さんと同年代でしょうか。
「男の美学」には高田さんの服や小物の写真の他、それらを着こなす高田さんの写真も沢山載っています。ちょっとおどけたポーズの写真もありますが、コーディネイトはとてもおしゃれです。
ベスト、ジャケット、時計、靴、ジーパン。高田さんのファッションの好みは吾郎と良く似ている感じがしました。
そんな高田さんはこの日の吾郎の衣装を「柄の上に柄を合わせて(チェックのシャツにチェックのベスト)シャレオツだねぇ」と褒めました。「シャレオツなんて今言いませんよ」と吾郎は言いましたが褒めてもらえて嬉しそうでした。
学生の時はお金が無くて買いたくてもなかなか買えなかったそうですが「『2倍するものは4倍もつ』って言葉があってね、高いものは大事にするから長持ちする、だから結局安い。安い物はやっぱり雑に扱っちゃうんだろうね。」と高田さん。好きなファッションについて語る高田さんはとても真面目で自然体で素敵でした。
高田さんはデザイン学校の出身で、グラフィックデザイナーでもあります。でも本当は「大学に言って本をブックバンドでくくって持ち歩きたかった」のだそうです。
最後は恒例のAD山田くんの消しゴムはんこ披露。デザイナーの高田さんも大絶賛で「くれるの?」と大喜びしていました。


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理者だけに読んでもらう (非公開コメント投稿可能)