FC2ブログ

史上初の事件?! (「月イチゴロー」 5/18)

待ちに待った月イチゴロー。月イチと言いながら実は今年2回目です。今年の1~3月は連ドラの撮影が3本重なり、「恋と音楽」仙台公演もあって超・超多忙でしたからね。スケジュールが少し落ち着いたら顔が少し丸くなって気がしますが、舞台「ヴィーナス・イン・ファー」の稽古が始まればまた細くなるかも?(←他人の事を言えた立場か)

今月(4・5月公開作品)のランキングは以下の通り。月イチゴロー史上初の事件が?!
1.ライジング・ドラゴン
2.オブリビオン
3.ヒッチコック
4.ジャッキー・コーガン
5.リンカーン

5位は「長い(2時間40分)。議会のシーンが9割くらい。アメリカ人のアメリカ人によるアメリカ人の為の映画。」とコメント。「『人民の人民による人民のための政治』をもじったんですね」と大下さんに言われ「うん…」とはにかんだ吾郎の一瞬の表情を見て小窓の慎吾が思わず「可愛いなあ!」。スタジオゲストのアンジャッシュのお2人もつられて(?)「可愛い」と♪
4位はブラッド・ピットが殺し屋を演じた作品。車の運転席と助手席に乗った二人をずっと後ろから撮り続けるカット割りの斬新さなどを褒めていて、コメントだけ聴くともっと上位でも良い気がしましたが「でもまあブラッド・ピットでないと成立しない」と最後に言ったので、それが4位の理由なのでしょう。
3位は巨匠ヒッチコックが代表作「サイコ」を完成させるまでの話で、月イチゴローでは辛く評価されがちな実録物。「ヒッチコックはドラマを作った人であって、彼自身にはドラマは無い。僕にも大下さんにも誰にも、人生にはドラマがあるが、それと同じ程度のドラマですよ。それを映画にするからこの程度のドラマになっちゃう。」と今回も吾郎はバッサリ。「あはは!3位とは思えない言い方ですね(爆)」と大下さんから突っ込まれ「なぜ3位なんだろう…?」と考え込んでしまいました。
そして注目の2位は「オブリビオン」。(=この瞬間ジャッキー・チェンの「ライジング・ドラゴン」の1位が確定しました!)
「トム・クルーズが50歳ですよ!でこの清潔感!」(吾郎)「30年位変わってませんね」(大下さん)
「こういうSFはいかにエレガントにオチを付けるかだと思うんですよ。その点これは…んん?(指を折りながら)何かっぽいし何かっぽいし何かっぽいし何かっぽい。元ネタは4つある。一つだけ言うとターミネーター。オチは斬新じゃあない!(エコーつき)」順位は2位でもコメントは5位?
で改めて1位は「ライジング・ドラゴン」。ジャッキー・チェン映画が月イチゴロー初の1位を獲得しました。おめでとう!小窓の慎吾は「今まで何回ジャッキーの映画を入れても吾郎ちゃんは1位にしなかったんですよね」と感慨深げです。
「ジャッキー・チェン59歳。これでアクション映画は引退するって言ってますね。だからジャッキー映画の全てが入ってる。アクション、スタント、コメディ。ストーリーは無いけどね。だって来年になったら忘れてますよ。でもいいんですよ。」と褒めているのかいないのか最後は分かりませんでしたが、テンションの高い吾郎でした。

スマステHPには、舞台「ヴィーナス・イン・ファー」への吾郎のコメントも載っています。短い言葉の中に吾郎の意気込みが感じられるので是非読みに行って下さい。


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿