Walking with GORO

SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

BLOGTOP » 「TAKE FIVE」 » TITLE … 「TAKE FIVE」 (TAKE 2)

「TAKE FIVE」 (TAKE 2)

先週はさしずめイントロダクションでしたが、今回はいよいよ岩月櫂くんが窃盗団「TAKE FIVE」と接触し、ストーリーが本格的に動き出しました。

いつの間にかTAKE FIVEメンバーについて詳しく調べ上げ、その分厚い資料を正義に示して、東都銀行から盗み出したデータを渡せと迫る櫂くん。はっきり言って恐喝ですが、警察官と泥棒ではどちらが強い立場かは明らかです。
実は正義はデータのコピーを取らずに警察(笹塚刑事)に渡していたのですが、櫂くんに「1週間待つ。それまでに渡さなければ、あなた方全員を逮捕する。」と言われ時間稼ぎの方法を考えます。
一方、ビジネススクールの経営破たんで入学金や授業料が戻らない被害者が続出し、TAKE FIVEメンバーの南も被害にあってしまいます。晴登は計画倒産とにらみ、南、タモツと共にビジネススクールの隠し資産を盗もうとします…。

今回もテンポよく1時間があっという間に経ってしまいました。各キャラクターの性格も上手く描かれていますね。
櫂くんの「何でもきちんとしたいたち」も上手くストーリーに活かされています。正義は櫂くんとの駆け引きの中で櫂くんの性格を見抜き、仲間に出来る人物と考えたのでしょう。ラストシーンで櫂くんが白ワインで乾杯していたのもツボでした。

正義がお酒を飲んで酔い潰れるのも、正義の恋愛心理学の講義の内容が事件とリンクするのもお約束なのでしょうか。でもこういうお約束があるとホッとするし楽しいですよね。

笹原刑事は櫂くんと話すとストレス解消になるみたいですね。あんなに几帳面すぎる人と普通に話せる笹原さんも相当な変わり者では…(笑)。笹原さんの恋愛模様も気になります。

そしてそして一番気になるのは櫂くんですよ!本当の狙いが何なのかまだよく分かりません。
「隣の建物」が東都銀行の事だとするなら、櫂くんが本当に掃除したいのはどこなんでしょう?東都銀行のデータを上層部に抑えられて見る事ができないというのが限りなく怪しいです。その掃除の為にTAKE FIVEに接近し協力する決断をしたのでしょうか。しかし警察官でありながら泥棒になるなんて危険すぎます!
ばれてしまったら身の破滅、来週からは毎週ハラハラドキドキする事になりそうです。


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理者だけに読んでもらう (非公開コメント投稿可能)