FC2ブログ

Walking with GORO

稲垣吾郎さんとSMAPと新しい地図と。すべてが好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

Top Page › GORO › 必ず噛む小説 (「ゴロウ・デラックス」 3/22)
2013-03-25 (Mon)  00:50

必ず噛む小説 (「ゴロウ・デラックス」 3/22)

小島さんがヘアスタイルを変えました。
カーリーヘアというのかソフトソバージュというのか分かりませんが。
吾郎は「イングリッシュコッカスパニエルのような」と表現しました。(←犬に例えてしまってすみません小島さん)
そして今日のゲストさんは豊かで独特な表現で注目を集める作家の方です。
吾郎は「読むのに時間がかかりました」と言いました。こんな事は初めてですね。小島さんも「最初に読んだ時には上手く入って行けなくて、二度目に読んだらうまく入って行けた」と言っていました。

課題図書:「abさんご」 黒田夏子

今話題の芥川賞作家の方が早速ゴロデラにいらして下さいました。登場した黒田さんに「おめでとうございます」と花束を手渡す吾郎。「ありがとうございます」と受け取る黒田さんは姿勢が良く声も凛として若々しい感じの方です。
黒田さんは75歳。今年最高齢で芥川賞を受賞されました。「生きているうちに見つけて下さって有難うございました。」というコメントが印象深く「遅咲きの新人」というイメージがありますが、黒田さんは5歳で初めての小説を書き、以来人に見せる事もなく賞に応募する事もなくひたすら書き続けてこられたそうです。
早稲田大学卒業後国語教師になりましたが小説を書く時間を確保する為2年で退職。以来生活に必要な最小限のアルバイトをしながらコツコツと執筆をしてこられました。
大学時代からの友人で元NHKアナウンサーの下重暁子さんがVTRでコメントを寄せて下さいました。
「本当に書く事しかないんですよ。いつも一人でしたし。プライベートについても話さない。今回日の目が当たって私は自分の事のように喜んでいます。」
「大学の時もプライベートについては話さなかったんですか?」と小島さんが聞くと、「そういう付き合い方が心地よかったんでしょうね、下重さんも私も。」と黒田さんは答え、「今までは何をしているのか分からない老人」と思われていましたが、これで小説を書いている人間なんだと分かってもらえたのが嬉しい」とにっこり。
「大家さんがビックリしてますよね」とすかさず吾郎が冗談をいってスタジオを笑わせました。

そんな黒田さんの一日に番組が密着。黒田さんは軽快なパンツルックで背筋を伸ばし颯爽と歩いて来ました。
吉祥寺の本屋さんで川上未映子さんとジャン・ジュネの本を買い、文房具屋さんでは愛用している5mm方眼紙を買い(コピーを取ると罫が消えるから良いそうです)、スーパーで野菜とヨーグルトを買う。とてもシンプルな暮らし方だと思いました。
それから、黒田さんが芥川賞の選考結果を待ったという喫茶店にも行きました。窓際の席で背筋を伸ばし紅茶を飲む黒田さんには凛とした美しさがありました。こういう女性になりたいものです。
本屋のレジでお金を払う時黒田さんの財布の中がアップになりかかると「お財布の中を撮っちゃダメ!」「失礼だよ」と小島さんと吾郎が注意したのが上品で良かったです。
VTRを見終わると吾郎が「黒田さんのお家にまでついていかなくて良かった」と一言。そういう節度ある番組作りもゴロデラの魅力ですよね。

黒田さんの特徴と言えば横書き、ひらがなの多用、新鮮な言葉の使い方です。傘のことを「天からふるものをしのぐどうぐ」というように。そこで吾郎、小島さん、AD山田くん、黒田さんの4人で、お題の単語を自分の表現で言いかえる事にチャレンジしました。しかし「車」「鏡」「猫」って全部吾郎の好きなものじゃないですか(笑)。
吾郎が苦戦(?)するなか意外に面白かったのが山田くんの答え。小島さんは「車」を「稲垣吾郎が愛する密室」と表現し「『稲垣吾郎が愛する~』を使いたかったの。」といたずらっぽく笑いました。
それにしても言いたい事全てを簡潔に表現するのは並大抵の事ではありません。黒田さんの筆歴70年はさすがだと思いました。

朗読では吾郎は本当に慎重に読んでいました。「これ、必ず噛むよね」と前置きして…。独特の言葉遣いとリズムがある文章です。でも小島さんが読むと「枕草子」や「源氏物語」のような古典のリズムに聞こえたのが不思議でした。

CMを挟んで山田くんの消しゴムはんこのコーナー(コーナーになったんでしょうか?)。今回は何と…
「桜、ふたたびの加奈子」
縦書きにしたタイトルに桜の花びらを沢山散らした消しゴムはんこはとてもきれいで、吾郎は「ちょうだい!」と一言。山田くんが少し驚いたように「は、はい」と返事すると吾郎は「広末さんにあげたい。」と言いました。
映画の予告(短縮版)が流れ、「桜、ふたたびの加奈子」4月6日公開と字幕が入り、吾郎がコメント。
「女性のためのロードショーってなっているけど、勿論男性にも見て欲しい。
短い時間ではありましたが、ちゃんと映画の宣伝をしてくれて感謝です。
冠番組はこうあって欲しいですね♪


簡潔にまとめるつもりがダラダラと長くなってしまいました(苦笑)。


拍手ありがとうございます
以下お返事

>こももさん
こんばんは。ビストロも歌コーナーも楽しいスマスマがやっぱり好きです。
4月8日のスマ旅(文字通りの)は本当にたのしみですね^^♪
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可