FC2ブログ

Walking with GORO

稲垣吾郎さんとSMAPと新しい地図と。すべてが好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

Top Page › その他の映画 › 「エンロン」
2009-02-14 (Sat)  20:54

「エンロン」

今更ではありますが、地元の映画上映会で見て来ました。
以前「月イチゴロー」で吾郎が5位にしてぶった切った映画です。

全米第7位の巨大企業の不正と崩壊の内幕を暴いたドキュメンタリーで、当時エンロン社で働いていた人や公聴会で証言した経営者や内幕を描いた本の著者などの話から、この会社がいかにいい加減な経営をしていたかを明らかにしています。

私は経済の事は良くは分からないのですが、一つ強烈に印象に残った事があります。
ここに出て来るエンロン社のトップの人達の顔がとにかく卑しい。私利私欲の為なら会社を食い物にしても平気そうな顔をしています。
実際、会社が本当は損をしているのに会計をごまかし自分達はその間に手持ちの自社株を売り抜ける、なんて事をしていました。
それからエンロン社の元ディーラーも登場しますが、血走ってギラついた独特の目をしています。
私はOL時代銀行の外為ディーラーと話した事がありますが、その人も同じ目をしていました。最近ニュースで話題になった村○ファンドの人も同じ目をしていたのでディーラー(相場師)に共通の目つきかも知れませんが、私は好きになれません。

人は見かけによらないと言いますが、その人の思いや人柄はある程度外見に表れるのかも知れません。
男も女も40歳を過ぎたら自分の顔に責任を持たなければいけない、その為にも行いをキチンとしないと、と思わされた映画でした。


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可