FC2ブログ

Walking with GORO

稲垣吾郎さんとSMAPと新しい地図と。すべてが好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

Top Page › GORO › 絵心も才能、駄々っ子も才能?! (「ゴロウ・デラックス」2/1)
2013-02-03 (Sun)  00:33

絵心も才能、駄々っ子も才能?! (「ゴロウ・デラックス」2/1)

オープニングトークでいきなり小島さんが「吾郎さんは図画工作は得意でしたか?」と吾郎に聞きました。
「苦手苦手。いわゆる芸術的な才能は無いね。絵を見てああだこうだは言えるけど。」と吾郎はとても素直に答えます。
今日はその絵の才能にあふれた方がゲストです。

課題図書:「とみこのはんこ」 とみこはん

「さあどうぞお入りください」と小島さんに呼ばれましたが、いつもの登場口のカーテンからは誰も入ってきません。小島さんが「とみこはん?」と呼びながらカーテンに近づくとスタジオの隅から「すみません、私です」と言う声が。なんとスタジオのカメラマンやスタッフの後ろから、一人の女性が大きなバッグを2つ持ってセットに近づいて来ました。この方が今回のゲスト、とみこはんです。「登場口はこっちですよ」と吾郎に言われましたが、「そんな所から出たら親に怒られます。」ととみこはんは答えます。
実はとみこはんは浅草キッドさんの元マネージャー。かつては小島さんと水道橋博士さんのラジオ番組の現場に週一回来ていて、小島さんとは顔見知りです。今は消しゴムはんこ作家として活動し、その作品を纏めたのが今回の課題図書です。
故ナンシー関さんの消しゴム版画に魅了され消しゴムはんこを作り始めたとみこはん。仕事をしながら趣味で作り続けていましたが、浅草キッドさんの本のサイン会の時「調子に乗って」落款を作って浅草キッドさんに見せたらその出来を認められ、キッドさんのサインの脇にそれを押していいと言われたそうです。
とみこはんの消しゴムはんこには柔らかくて穏やかな表情があります。色もいくつも重ねて味わい深いです。串カツやたい焼きなど食べ物の絵が多いのも特徴です。

とみこはんがお土産として二人に渡したのは、自作の消しゴムはんこ。早速吾郎が青いインクで紙に押して見ると番組のトレードマークの吾郎イラストが綺麗に表れました。小島さんが「わぁ、吾郎さん上手!」とおだてると、「わー、押せた押せた!」と吾郎もわざとらしく大はしゃぎ。「はんこ押しただけで褒めてもらえるんだから芸能人って得だよね。」「この位のテンションでやればゴールデンのバラエティも出来るかも。」と吾郎の毒舌が冴える、冴える。面白かったです。
続いて吾郎と小島さんはとみこはんに教わって消しゴムはんこ作りに挑戦。とみこはんの指導通りに消しゴムを彫って吾郎が作ったのは「G」の字。紙に押して見るとなかなか味がありましたが、吾郎は「あまり良くない。不器用な感じで…」と出来に不満の様です。小島さんが「いい」と褒め「このゆるい感じが…」と言いかけると吾郎は
「今ゆるいって言った!」
と叫んで椅子から立ち上がり「やだー」と天井を仰ぎました。「駄々っ子ゴロウ発動」とナレーションが付いた瞬間はファン的に美味しかったです。
味のある絵を描けるのも才能なら、可愛く駄々をこねられるのも才能ではないでしょうか?

この後元担当タレント(笑)の水道橋博士さんが登場し、とみこはんの思い出話を。「オフィス北野は女性が働く職場としては最下層。ありとあらゆるハラスメントがあるんです。」そんな中一生懸命働くとみこはんに絵の才能があると知ると、水道橋博士さんは「辞めた方が良い」と言い、そちらの道に進むよう励ましたそうです。

最後に山田くんが自分の作った消しゴムはんこを見せに来ましたが、これが良くて、吾郎も小島さんも絶賛。「毎週これを作るといいよ。自分のコーナーが出来たじゃない。」と吾郎に言われ気を良くしていました。

今回も盛りだくさんな内容で面白かったですが、駄々っ子ゴロウが一番楽しかったです。


拍手ありがとうございます

スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可