お江戸ふしぎ発見! (「ゴロケン」1/6)

全然宣伝を見かけませんでしたが、なかなか面白い番組でした。
「ゴロケン」の「ケン」は検定の検だったのですね。

吾郎はこの番組でナビゲーターを務め、江戸時代に関するクイズを出題。放送されなかった地域の方に一言で説明すると「世界ふしぎ発見!」のミステリーハンターのような役回りです。グレーのスーツ姿のまま江戸時代にタイムスリップ(?)しても誰も突っ込まないのが笑えますが、クイズの内容はなかなか興味深いものでした。
江戸では、フランスのミシュランガイドが出来るよりも前においしい食べ物屋さんの番付があったとか、駕籠に乗っていて前の駕籠を追い抜いてもらうと特別料金を払うとか。
江戸時代は火事が多かったので庶民は物を持たず家財道具や衣類のほとんどをレンタルしていた、というのは驚きでした。でもとても合理的な生活方法だと思いました。
でも一番おかしかったのは、銭湯の2階にあったという「のぞき窓」。ここにグレーのスーツ姿で腹這いになる吾郎には笑いました。でも、ここでも「あんたものぞいてるだろ!」と突っ込まれないのが吾郎マジック(笑)。ホンワカしてお茶目で可愛い吾郎が楽しめました。
舞台や新ドラマの撮影に追われながら、寒い中でのロケを頑張った吾郎に拍手です。
スタジオではアミーゴ伊藤アナウンサーが司会で、4人の解答者が和気あいあいとトーク。全体にゆるーい空気が流れ、家族みんなで気軽に楽しめる番組でした。

ただ番組名が「ゴロケン」となっている事からも分かるように、稲垣吾郎あってこそ成立する番組であると思いました。
是非また見たいので番組のBBSに感想と続編のお願いを出して来ました。


拍手ありがとうございます
以下お返事

>YUEさん
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
YUEさんのブログにもまたお邪魔しますね^^♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿