SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

世界はパーツで出来ている?! (「ゴロウ・デラックス」 10/19)

冒頭からロケ現場にいる吾郎と小島さん。
この日二人がいるのはお台場のレゴランドディスカバリーセンター東京。「うちは息子が2人いますからね、レゴには詳しいですよ」と嬉しそうな小島さんに比べ、吾郎のテンションはあまり高くありません。「テンション高くないのばれちゃった?」「レゴってほんとワクワクするなー!」とわざとらしく言ってみせ笑いを取る吾郎。
そこへ入って来たのはまゆげがレゴで出来た金だるま。番組スタッフは徹底してます。

レゴランドの中に入ると今日のゲストさんが待っていました。

課題図書:「空間的思考法」三井淳平

三井さんは世界で13人しかいない「レゴ認定プロビルダー」(レゴ職人)、しかも日本人初で世界最年少だそうです。
三井さんはレゴで作った吾郎さんと小島さんの人形を持ってきてくれました。吾郎のくせっ毛まで忠実に再現していて吾郎はご機嫌です。「1体作るのに10時間位かかりました」と三井さん。小島さんも自分の人形を手に取って感心して眺めていましたが、何と手が滑って壊してしまいました!その瞬間「あ゛ー!!」と絶叫する吾郎。「ごめんなさい、10時間もかけて作った物を…」と慌てふためく小島さんに「大丈夫ですよ、直せますから。」と穏やかに声をかける三井さん。「大丈夫?直せる?」と言いながら吾郎は散らばったパーツを拾いに行きました。
「何か今一番テンション上がった!なんで人の不幸でテンションが上がるんだ?!」と興奮する吾郎に「何嬉しそうにしてんのよ!」と小島さんはキレてしまいました。
東大在学中に「東大レゴ部」を作ったという三井さん。そこまでのめり込むレゴの魅力とは…。

吾郎、小島さん、AD山田くんは三井さんと一緒にレゴランドの中を見学。レゴで出来た東京のジオラマに歓声を上げました。フジテレビの球体展望室も、レインボーブリッジも、渋谷のスクランブル交差点も、そして東京スカイツリーも、本物そっくりです。東京スカイツリーは下が三角で上に行くに従って丸くなっています。
「このジオラマはこれ専用のレゴを使ったんですか?それとも普通のレゴなんですか?」と小島さんが聞くと、「これは全部普通に売られているレゴです。」と三井さん。市販のレゴを何百万個も使って色々な物を作っているのです。本来なら人形の顔に使う小さな円筒形のパーツを観覧車のゴンドラに使ったり、宇宙船のパーツの一部をホワイトタイガーの目として使ったり、独創的な工夫がされています。
市販されているレゴの組み合わせで何でも作れる。まるで全ての物質を作っている分子のようです。
三井さんの作品は2つの歯ブラシをカチッと組み合わせると、ブラシ部分にシマウマの絵が現れる「シブラシ」やホワイトタイガーなど精巧でユニークなものばかり。「これは組み立てるのに時間がかかるんですか、それとも設計を考えるのに時間がかかるんですか?」と小島さんが聞くと、「殆ど組み立てる時間ですね。」と三井さん。
三井さんは特に設計図らしいものは描かず、CTスキャンのような断面図を沢山考えて作るそうです。それが良く分かるのが、三井さんの作った雪だるま。よく見ると大きさの違う白い円盤が1枚1枚重ねられたようになっています。更に中を見ると、縦横斜めに柱(?)が作ってあってとても頑丈に出来ています。本当に空間認識能力が高いんですね。

もちろん朗読もありました。
吾郎の朗読部分は、三井さんが子供時代にレゴで遊んでいた時の頃の話。三井さんはレゴのキットを説明書通りに組み立てるとすぐにばらし、新しい物を作っていたそうです。説明書通りに作れば誰でも作品が出来ますが、三井さんは自分で何かを作る事が好きだったのです。これを聞いた小島さんは「うちの子たちが今それをやっています。」と共感していました。
小島さんの朗読部分はレゴ遊びと勉強との関係。三井さんは数学、特に平面図形と立体図形の問題が得意だったそうですが、その能力はレゴによって培われたと考えています。私は数学、特に図形問題が一番苦手でしたが子供の頃にレゴで遊ばなかったからでしょうか…。きっとこの番組を見た小さい子供さんをお持ちのお母さんはレゴを買いに行くでしょうね。

レゴで何でも作れる三井さんに吾郎が思わず「モテるだろう」と話を振ると、三井さんは落ち着いて「ええ」と一言。「来年結婚するんです」。それを聞くと吾郎は「え゛ー!いいなぁーーー!」と身をよじって絶叫しました。(そんなに結婚がうらやましいですか?)
三井さんが彼女の心をとらえた作品はなんと、レゴで作った巨大な指輪!グレーのブロックで指輪を作り石(勿論レゴ製)もはまっています。これには吾郎も小島さんもビックリでした。

最後に実践編。三井さん、吾郎、小島さん、山田くんの4人が同じブロックを使って作りたい物を自由に作りました。吾郎の作品が一番ひどくて、多分家を作ろうとして壁を作り外に木を置いたのですが、ただの四角い枠で形にもなっていませんでした。小島さんは恐竜を作りたかったそうですが、「曲線が作れないのよ」。出来たのはカラフルで抽象的な図形でした。山田くんの作った家がまあまあまともで屋根が少し出来ていました。山田くんは「ここにテレビを置いたんですよ」と自慢。随分健闘しましたね。その間に三井さんは大きくてカラフルなオウムを完成させていました!同じパーツを使って同じ時間でこんなに立派なものが出来るなんて!吾郎が「これ使います?」と自分の作った枠(?)を三井さんに渡すと、すかさず三井さんは吾郎の枠の中に自分のオウムを入れました。「いいじゃないですか、なんか大きくなりすぎて家からはみ出ちゃった、みたいな」と吾郎は何とか取り繕おうとしていました。

最後に三井さんから番組に「ゴロウ・デラックス」のレゴ看板がプレゼントされました。真ん中のリンゴはちゃんと厚みをつけて立体的に作られています。あまりに見事なので「これ、セットに飾りましょう」と吾郎は喜んでいました。もしかしたら来週からセットの一部として見られるかもしれません。


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

はちミツ

Author:はちミツ
【注意:当ブログの内容の無断転載は禁止します。】

稲垣吾郎さん大好き、5スマ大好き!の主婦。
吾郎ファン歴は24年目になります。
神奈川県在住。

近況
①毎週水曜日は「an・an」の「稲垣吾郎のシネマ・ナビ」をチェック!。
②吾郎出演映画「少女」は2016年10月8日公開♪
③吾郎出演ドラマ「不機嫌な果実」のDVD、Blu-RayBOXは2016年10月19日発売♪
④「ゴロウ・デラックス」(TBS)もお見逃しなく!


メールは↓へ。
walkwithgoro☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログパーツ
クリックで救える命がある。
リンク集
リンクなさる方はお声をかけて下さい♪
情報リンク
こちらもどうぞ♪
/div>
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる