SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

生涯現役の為に (「ゴロウ・デラックス」 9/28)

ライブの感想を書くのにものすごく時間がかかってしまい番組の感想が完全に周回遅れになっていますが、幸か不幸か2週続けてゴロデラがお休みなので頑張って追いつきたいと思っています。

オープニングトークでは2週続けてライブの話題。
「ツアーいかがですか?」(小島さん)
「ツアーをやっている時の方が健康ですね。3食バッチリ食べてバッチリ睡眠時間を取って運動して。」(吾郎)
「怖いものなしですね。」(小島さん)
「なにそのやさぐれた顔!」(吾郎)
「え!こういう顔よ!」(小島さん)
「今日やさぐれてますよ」(吾郎)
「きっと今日男性ホルモンが強めなんですね。」(小島さん)
そう、今回はその「健康」がキーワードです。

課題図書:「空腹が人を健康にする」南雲吉則

50万部以上売れているという今話題のベストセラーです。
3分間クッキングのBGMに乗ってスタジオに颯爽と入っていらした南雲先生はとても若々しいですが、何と昭和30年生まれの57歳!
小島さんも吾郎も「えーっ!!」とビックリです。
「顔がとかお肌がとかじゃなくて佇まいが若いですね。元々『えー、南雲先生変わらな~い』という感じだったんですか?」(小島さん)
「それがね、30代半ばの頃は典型的なメタボだったの。暴飲暴食、夜更かし、時々隠れてもらいタバコ。そんな事してたから体重がガンガン増えるし、実際このころは毎日1時間位不整脈が出てて、このままでは心臓病で倒れちゃうんじゃないかって。」(南雲先生)ここで当時の先生の写真が出て、吾郎は思わず「おっさんじゃないですか!」と叫んでしまいました。先生はそこからご自分の健康を立て直していったんですね。現在では血管年齢も骨年齢も脳年齢も20~30代という若さです。

「先生は元々バストが専門だそうですね」(吾郎)
「今まで日本では乳房専門の医者はいなかったんです。である日のんびりしていると何かが降りてきて『女性の大事な乳房の美容と健康を守りなさい』と言われた気がしたんです。」
ここで小島さんが「自分のバストがもう少し大きかったら世界が変わったかも…」と言い、南雲先生が語る最新の豊胸技術に興味津々です。
そこへピンクのナース服を着たAD山田くんが登場、山田くんのコスプレも番組の恒例になりつつあります。
番組では小島さん、吾郎、山田くんの血管年齢を測りました。手と足の血圧を測ったんですね。
小島さんと吾郎は「実年齢相当」。先日たまたまお医者さんから、足の血圧が手のより高いのが正常だと聞いたので、一瞬アップになった結果表で二人共足の血圧の方が手の血圧よりも高かったのを確認してホッとしました。正常で良かった♪。
ところが一番若い山田くんに問題が発生。実年齢は26歳なのに血管年齢は倍の51歳という結果が出て山田くんは大ショックです。そこで三人の生活スケジュールを見てみると山田くんの生活リズムは滅茶苦茶(吾郎も20代の時は夜通し飲んだ事もあったそうですが)。南雲先生は「普段の生活、暴飲暴食とか寝不足とかが血管年齢に出る。それはすなわち将来心筋梗塞や脳梗塞を起こしやすいという事です。」とおっしゃいました。一方の吾郎は夜0時に寝て8時ごろ起きるという模範的な生活で小島さんは「良い子のスケジュール」と評し、吾郎は照れ笑いをしていました。ドラマや映画の撮影のない時のスケジュールなのでしょう。南雲先生は吾郎に「寝入りばなの睡眠と朝目覚める頃の睡眠とで違いはありませんか?」と訊きました。それに対して「というか、寝て3時間位で一度目が覚めちゃうんですよ。」と答える吾郎。「寝入りばなの睡眠は泥のように寝てしまって寝返りも打たずに深く眠るノンレム睡眠。これで脳が休まるんです。だから脳が休まったら起きてしまっていいんですよ。」と南雲先生は意外な事をおっしゃいました。「え?8時間寝なくていいんですか?8時間寝なさいってお母さんから言われましたよ。」と吾郎が驚くと、「それは医者が作り出した迷信です。」と南雲先生はキッパリ。
この後も健康にまつわる迷信を次々に斬って行くのですが…。

小島さんの朗読タイム。テーマは女性と男性の寿命について。
男性は自分が生殖の対象になっていると寿命が延びる。セックスの対象にならなくても茶飲み友達でもいいから自分が直接愛されている事で寿命が延びる。それに比べ女性は孫でもペットでも自分が愛する対象がいると寿命が延びる、という事です。
これを受けて吾郎が注目の発言(?)をしました。
「僕もライブで3時間位ステージをやって帰ってきて鏡を見ると、自分でもちょっとキラキラしてるんだよね。ライブをやると何かを頂いてるの、確実に。」
先日の「おじゃマップ」の感想で私は「吾郎はライブ終わりが一番美しい気がする。それは無駄をそぎ落とした凄みのある美しさだ。」と書きましたが、あれはそぎ落とした美しさではなく、数万人の女性達の憧れのまなざしを浴びて身につけた美しさなのかも知れません。だとしたら吾郎は生物学的にとてもオスらしいオスなのでしょう(笑)。

吾郎の朗読は飲酒の量について。
アルコールは水銀などと同じ「蓄積毒」なので一生の間に飲めるアルコールの量は決まっている。「休肝日」を作っているお酒好きの人が休肝日の翌日にいつもの倍飲んでしまう傾向があるが、これは意味がない。飲む量全体を減らさないといけない、という事です。
南雲先生はこれに補足して「一日にワイン1本飲み続けると男性なら14年、女性なら7年で肝硬変になってしまう計算になる。元気でずっとお酒を飲み続ける為に、一日に飲む量を減らす、或いはお酒を飲む日を減らすようにしなければならない。」と。「元気でずっと飲み続ける為に量を減らす」という考え方は前向きで良いですね。

この他にも「朝起きたら水を飲むとよい、というのは医者が作った迷信」「熱が出た時は薄着をするとよい」「お腹がグーッと鳴ったら食べればよい、お腹がグーッと鳴ったら若返りホルモンが出る」など、南雲先生独自の健康法が色々と語られ、先生がいつも飲んでいるというゴボウ茶も紹介されました。

最後に南雲先生は「僕が大事にしているのは生涯現役で毎日を絶好調に生きる事。その為に食生活の事とかを気をつけている。」とおっしゃいました。元気でずっと生きる為に健康的な生活を心がける、当たり前だけど忘れがちな事を思い出させてくれるエンディングでした。


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

はちミツ

Author:はちミツ
【注意:当ブログの内容の無断転載は禁止します。】

稲垣吾郎さん大好き、5スマ大好き!の主婦。
吾郎ファン歴は24年目になります。
神奈川県在住。

近況
①毎週水曜日は「an・an」の「稲垣吾郎のシネマ・ナビ」をチェック!。
②吾郎出演映画「少女」は2016年10月8日公開♪
③吾郎出演ドラマ「不機嫌な果実」のDVD、Blu-RayBOXは2016年10月19日発売♪
④「ゴロウ・デラックス」(TBS)もお見逃しなく!


メールは↓へ。
walkwithgoro☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログパーツ
クリックで救える命がある。
リンク集
リンクなさる方はお声をかけて下さい♪
情報リンク
こちらもどうぞ♪
/div>
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる