SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

ミステリー作家の優しさ (「ゴロウ・デラックス」 9/14)

今日のゲストも有名な作家の方、しかもめったにテレビにお出にならない方です(今年一度ドラマの制作発表には出られましたが)。という事で早速スタジオに登場です。
赤川次郎さん。「三毛猫ホームズ」シリーズなど、数々のミステリー小説を大ヒットさせているベストセラー作家です。実は私は読んだ事がなくて、「ミステリー小説を沢山出している作家さん」というイメージを持っていたのですが、実際はかなり違う方でした。
「どうしてこの番組に出て下さったのですか?」と小島さんが訊ねると、赤川さんは「本の番組であるという事と、お二人が丁寧に読んで下さるので…」とおっしゃいました。作家の方にそうほめていただけるのはとても嬉しいですね。

AD山田くんが大きなボードを運んできました。ボードには小さな字で赤川さんの作品がずらりとリストアップされています。
赤川さんの小説は今までに3億冊以上売れているそうです。「もう仕事する必要はないんじゃないですか」と吾郎が聞くと「いやいや、書くことが好きなので」と赤川さん。「僕だったら仕事をやめて農業とかワイン作りとかしたいですけど」と真剣におどける吾郎が可愛いです。
小島さんの思い出の赤川作品は「セーラー服と機関銃」。薬師丸ひろ子さん主演で映画化された後、セーラー服姿の薬師丸さんが表紙になった文庫本を当時小学生だった小島さんは買ってもらい、「私もセーラー服を着たいなあ」と思ってセーラー服が制服の中学に入ったそうです。嬉しそうに思い出話をする小島さんに向かい吾郎は「そういう時期もあったんだあ」と毒矢を飛ばし、「そうよ、今も着ようと思えば着られるけど。見たい?」と小島さんは切り返しました。
赤川さんが作家になったきっかけが面白いです。元々書くことが好きで小説を書いていたのですが、就職して書く時間がなかなか取れなくなった時、新人賞に応募したというのです。小島さんが「つまり作家になるために応募したのではなくて、書き続けるための動機づけとして応募したんですね」と訊くと「そうですね、締め切りがありますし、どうしても書くので」。そしてデビューしてからは驚くべきハイペースで作品を発表されています。1年に24冊出された年もあったとか!

ミステリー小説というと緻密なプロットが命だと思いますが、赤川さんは何といきなり原稿用紙に向かって書き始めるそうです。仕事場のお写真も披露されましたが、パソコンは使わず原稿は手書き。最初は作家になったのだからとモンブラン等の高級万年筆も使いましたが、インクが乾く前に手で擦れてしまうので(書くのが速いんですね)今では水性サインペンを使っているそうです。
で、いきなり書き始めるので最後でつじつまが合わない事もあり大変だそうです。でも「登場人物が勝手に動いてストーリーが出来ていくのが一番の理想」とか。最初は目立たなかった人物が書いているうちにどんどん大きくなって最後には準主役になっていたりする事もあるそうです。
しかし赤川さんの小説はミステリーだけではありません。心温まる小説も人気です。

課題図書:「夢から醒めた夢」赤川次郎

9歳の女の子ピコタンが夢の中で色々な人に出会う物語。赤川さんによれば「悪い人が一人も出てこない」話だそうです。
ここで吾郎の朗読。ピコタンが幼くして亡くなった女の子の幽霊と出会い、一日だけ代わって欲しいと頼まれるシーンです。その子はもう一度生きていた時の姿に戻ってお母さんに会いに行きたいと訴えます。子供の素直な気持ちがよく出ているシーンで、吾郎の優しい声がよくマッチしていました。
小島さんの朗読は、生き返った女の子のお母さんが我が子を帰すまいとするシーン。自分が帰らないと身代りになった子(ピコタン)が死んでしまうと説得する子供に「その子が死んでも構わない、あなたと離れたくない。」とお母さんは言い張ります。小島さんはお母さんの気持ちがよく分かっていて朗読に迫力がありました。さすがです。

ここでVTR。山田くんが劇団四季のミュージカル「夢から醒めた夢」を赤川さんと一緒に観劇。劇団四季の「夢から~」は日本のミュージカルの中で最多公演回数を誇る人気の舞台です。
開演前の劇場入口や通路やホールでは、キャストの方々が色々なパフォーマンスをしてお客さんを夢の世界に誘います。この時だけは一緒に写真撮影もOKですごく楽しそうです。
そして終演後にはキャストの方々にインタビュー。皆さん赤川さんの原作の世界をなるべくそのまま表現しようと心がけておられるそうです。そして赤川さんもこのミュージカルが大好きで何度も劇場に足を運ばれています。

赤川さんは「人の親になる気持ちとかが分かるようになって、小説の中であまり人を殺さなくなった。昔だったら絶対殺している場面でも重傷ですんだり。」とおっしゃいました。すごく優しい方なんですね。それが作品に表れているのかもしれません。
赤川さんの小説を読んでみたくなりました。


拍手ありがとうございます


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

はちミツ

Author:はちミツ
【注意:当ブログの内容の無断転載は禁止します。】

稲垣吾郎さん大好き、5スマ大好き!の主婦。
吾郎ファン歴は24年目になります。
神奈川県在住。

近況
①毎週水曜日は「an・an」の「稲垣吾郎のシネマ・ナビ」をチェック!。
②吾郎出演映画「少女」は2016年10月8日公開♪
③吾郎出演ドラマ「不機嫌な果実」のDVD、Blu-RayBOXは2016年10月19日発売♪
④「ゴロウ・デラックス」(TBS)もお見逃しなく!


メールは↓へ。
walkwithgoro☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログパーツ
クリックで救える命がある。
リンク集
リンクなさる方はお声をかけて下さい♪
情報リンク
こちらもどうぞ♪
/div>
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる