SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

「天上界の美」は語る (「ゴロウ・デラックスSP」 8/24)

さて、今回のゴロデラのオープニングは…
小島さん「今日は大物の方がゲストにいらしています。」
吾郎「そう、今スタジオにいい匂いがしています。」
小島さん「いい匂いです。」
吾郎「この大物の方の周り半径100mくらいこの匂いがするんですよ。」
…半径100mってちょっと大げさすぎませんか?でもこの方だったらありうるかも?
今回のゲストは、そう、美輪明宏さんです。

トレードマークの黄色い紙にさわやかな水色のドレスでスタジオに登場した美輪さんは、立ち居振る舞いも微笑みも優雅な方です。あの三島由紀夫が「天上界の美」と称え、年齢性別国籍不詳の「シスターボーイ」として一世を風靡した美輪さん。昔の映像や写真も美しいですが、今はそれに内面の輝きが加わっている感じがします。
セットに入ってきた美輪さんはなぜか吾郎の隣に着席。ゲストの方が吾郎の隣に座るのは木村くん以来です。この席は吾郎と以前からの付き合いのある方、親しい方の指定席なのでしょう。
吾郎は20代の時美輪さんの舞台「毛皮のマリー」を観に行って以来交流があると言い、美輪さんも嬉しそうにニッコリしました。

今回は本当に内容が盛りだくさんで、3回分を1回にまとめた感じでした。

課題図書(1):「乙女の法則」美輪明宏

まず小島さんがこの本の巻末にある「美輪語辞典」から好きな言葉を朗読。
「性別=まったくもってどうでもいいこと」
この言葉に出会って小島さんはとても気が楽になったそうです。美輪さんは「男か女かは必然があってそう生まれてくる。男になったり女になったり、何回も生まれ変わっている。」と言い、そこから話題は同性愛の話へ。
美輪さんによれば、平安時代からお小姓がいて、男性の同性愛を担っていました。武士の時代になると、戦場に女性を連れていけない為同性愛が一般化。織田信長が森蘭丸を寵愛したのは有名ですし、西郷隆盛はお坊さんと心中を図り自分だけ助けられた事があるそうです。日本で言わば公然と認められていた同性愛が「異常なもの」として弾圧されるようになったのは「軍国主義」が原因だと美輪さんは言います。「同性愛は子供を作らないでしょ?」(美輪さん)「あ、産めよ増やせよ…」(小島さん)「殺しても殺してもいくらでも(兵隊の)代わりがいるようにしなきゃいけないわけ」(美輪さん)
美輪さん自身も同性愛者である事を公表しています。公表しようと決意したきっかけがショッキングです。歌手デビューする前ゲイバーでアルバイトをしていた美輪さんが常連客の家に呼ばれて行ってみたら、家族会議の真っ最中で彼は同性愛者である事で非難を受けていた。会議の途中で席を立った彼はそのままトイレで首を吊ってしまったそうです。「人を殺したわけでも盗んだわけでもない、ただ人が人を愛するだけで何でこんな目にあわなきゃいけないのか」と思った美輪さんは「自分が有名になったら同性愛者であると公表しよう」と決意し、のちにその通り実行しました。
「美輪さんから見て吾郎さんはいかがですか?」と小島さんに聞かれると「男性として見た事がない。テレビに出ている方だなと思う、同業者の方はね。」と意外な答えが返ってきました。
「こういう言い方は悪いけれども…、人生一番手にならない方がいい。いい事があれば悪い事がある、これが地球の法則なの。一番で本当の頂点まで行ってしまうと、それだけの事、マイナスが来るの。二番手三番手が一番いいのよ人生は。あなたは出るようで出ないでいて、って所でずうっとたゆたっているでしょ。随分賢い生き方だなあと思いますよ。」とおっしゃいました。
吾郎は美輪さんについて忘れられない思い出があるそうです。新宿の稽古場で吾郎が舞台の稽古をしている時上の階で美輪さんも稽古していて、吾郎の声を偶然聞いた美輪さんが、「発声が違うわ」と言いながら吾郎の稽古場に入って来たというのです。「もうびっくりですよ、美輪さんが入って来たんですから。」と吾郎は言いましたが、そうやって教えて下さる方が周りにいるのは有難い事です。
そこで美輪さんによる発声指導が始まりました。吾郎と小島さんの発声をチェックする美輪さん。山田くんの発声を直すのが一番大変ですが、美輪さんは山田くんの頬や口元をペタペタ触っています。もしかして山田くんが気に入ったのでしょうか?更に歌う時の発声について美輪さんが吾郎のアドバイス。言われたとおりにすると苦手な高音も綺麗に出ました。そう、吾郎はやればできる子。後は継続と努力あるのみ!
ここで小島さんは美輪さんにも朗読をお願いしました。そこで美輪さんはご自分が訳詞した「愛の賛歌」を披露。

課題図書(2):「愛と美の法則」美輪明宏

美輪さんはエディット・ピアフの無償の愛をそのまま日本語で語っている感じがします。エディット・ピアフが降りて来た時は立ち方がピアフと同じになるそうです。

課題図書(3):「霊ナァンテコワクナイヨー」美輪明宏

吾郎の朗読は今までで一番なめらかだったかも知れません。美輪さんの前ですからいつもより頑張ったのでしょうか(笑)。しかしこの後吾郎から衝撃の告白が!
「実は5年ほど前美輪さんからアドバイスを頂いた事があって…。結局そのアドバイスを僕は守れなくて今に至っているので…。」
え,え?5年前にいったい何があったのでしょう?!
美輪さんはにっこり微笑んで、「言う通りにしておけば良かったと思ってるでしょ?」とズバリ。「思ってますね。ずっと気になってたので。人間関係の事で。」と吾郎は答えました。分かっていても過ちをおかしてしまうのが人間ですよね(涙)。小島さんが「今の吾郎さんに何かアドバイスは…?」と尋ねると美輪さんも吾郎も「いやいや…」と笑っていましたが、「後悔はしてるんですけどね」と吾郎が素直に認めたので、またアドバイスを頂けたかも知れません。
美輪さんと吾郎は雰囲気が似ていて素敵でした。いつか舞台で共演出来たらいいですね。
それから番組で美輪さんが歌われた「ヨイトマケの唄」も素晴らしくて、私は大好きです。


拍手ありがとうございます
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

はちミツ

Author:はちミツ
【注意:当ブログの内容の無断転載は禁止します。】

稲垣吾郎さん大好き、5スマ大好き!の主婦。
吾郎ファン歴は24年目になります。
神奈川県在住。

近況
①毎週水曜日は「an・an」の「稲垣吾郎のシネマ・ナビ」をチェック!。
②吾郎出演映画「少女」は2016年10月8日公開♪
③吾郎出演ドラマ「不機嫌な果実」のDVD、Blu-RayBOXは2016年10月19日発売♪
④「ゴロウ・デラックス」(TBS)もお見逃しなく!


メールは↓へ。
walkwithgoro☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログパーツ
クリックで救える命がある。
リンク集
リンクなさる方はお声をかけて下さい♪
情報リンク
こちらもどうぞ♪
/div>
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる