SMAP稲垣吾郎さん大好きな主婦の日記 【無断転載禁止】

ゴロウさんが欲しい (「ゴロウ・デラックス」 6/1)

今回で「ゴロウ・デラックス」は放送50回!
おめでとうございます!
これからも番組が続きますように各方面に応援していきたいと思います。

オープニングの立ちトークで、50回記念のくす玉を山田くんが持って来ましたが…小さい!(笑)3つのうち1つが当たりと言われ吾郎は見事に当たりを引き当てましたが(「こういう時は大体真ん中なんですよ」と言って)、中の垂れ幕の字が読めない程小さい(私は近視で老眼なので)。「いくらSMAPでもリアクション出来ないよ」と吾郎は苦笑いしましたが、こういうささやかさが深夜番組らしくていいと思います。

さてそんな50回記念に相応しいゲストは、なんと裏社会の方!

課題図書:「男の器 常識に囚われない生き方」桜井章一

桜井さんはプロの麻雀師。芸能界や政界の裏社会で大物たちの代わりに麻雀を打つ「代打ち」として20年間無敗を誇り、一度勝負を始めると相手が破滅するまで止めない厳しさから「雀鬼」と呼ばれた方だそうです。
スタジオに登場した桜井さんの第一印象は「目が怖い」。心の内が読めない怖さでしょうか。
TVに出るのは6年ぶりと言う桜井さん。なぜこの番組に出たのかについて随分長く喋りましたが、番組側の判断でピー音をかぶせてしまいました。吾郎も小島さんもビックリのその理由が気になります。

TVに出ないのはTVが「変態の場だから。」吾郎に向かって「変態でしょ?」と吾郎に尋ねる桜井さん。「そういう部分はなくはないですね。そういう部分を唯一ここで出せるんですよ、僕は。」と吾郎が答えると桜井さんは「それはいいね。」と少し身を乗り出したました。更に小島さんにも「変態でしょ?」と尋ねるとすかさず「一番変態ですよ。」と吾郎が切り込みます。このタイミングが絶妙でした。

吾郎の朗読。「掴もうとすると最後の所で手からすり抜ける。大体触れているという感覚が大事。だいたいという感覚が確信を掴む。」という内容です。
ここで桜井さんが「やってみましょうか」と言って、テーブル越しに吾郎の手を掴みました。「今掴んでいますね。僕が手をひっぱりますから、ゴロウさんは引っ張られない様にして下さい。」そして「ゴロウさんが欲しい…ゴロウさんが欲しい…」と呪文のように唱えながら吾郎の手を引っ張りますが、吾郎は抵抗するので引っ張られません。そこで桜井さんは「じゃ今度は触れるだけ」と言って吾郎の手に触れて引くと、吾郎はあっさりと引っ張られてしまいました!「えー、どういう事ですか!」と吾郎が驚くと、
「今の本の部分をやってみただけですよ。普通は夢とか目標とかを掴め、と言うじゃないですか。でも触れているだけの方が変化についていけるんですよ。」そう言って麻雀の牌を右手の中指にのせました。その手を大きく動かしても牌は指に吸いついています。「ほら触れているだけ。でもその方がすぐに次の動作にいけるんです。」

小島さんの朗読へ行こうとした時、吾郎が「あ、タバコ…」と気がついてタバコ休憩が入りました。これは西村賢太さんや伊集院静さんと同じパターンですね。
桜井さんが廊下に出て行くと、小島さんは「吾郎さんって、人生の先輩、特に男性に可愛がられるじゃない?その血清分けて欲しい。」と思わず本音をこぼしました。今までの番組からそれは伝わってきましたが、小島さんは特にそれを強く感じていたんですね。
一方タバコ休憩中の桜井さんは吾郎の印象を聞かれるとこう答えました。
「ああ見えて男っぽい所はあるんじゃないかな。そういうものを求めているかもしれないし、そういう部分に飢えている所もあるだろうし。ただSMAPという立場ではそれを出しにくいだろうし。全然違う世界だったら大工の棟梁とか…」
小島さんについては「女の子にしては怖い人なんだろうね。」短い時間でここまで見抜くのはさすがです。

桜井さんがスタジオに戻ってきて収録再開。小島さんの朗読です。
「他人に迷惑をかける事を恐れてはいけない。自分が委縮するし、他人に迷惑をかけられた時に許せなくなってしまう。迷惑をかけ過ぎた時の為に『ごめんね』という言葉を用意しておこう。人と関わるという事は迷惑をかけたりかけられたりする事だ。」という内容です。
これに似た事を私は以前人から言われた事があります。「人に少々迷惑をかけてもいい、それよりも人と関わる方が大事だ」と。だから桜井さんのこの言葉にはすごく共感しました。日本人は「他人に迷惑をかけてはいけない」と考えがちですが(私もそうです)、その考え方をひっくり返してみるのも必要かもしれません。

その他にも「自分にも周りにも期待しない」「勝とうと思わない」(←勝負師なのに)など、ハッとさせられる発言が続きました。「芸能界や政治の裏側を20代で全部見てしまった」方の発想です。でも裏の裏が表である様に、「常識に囚われない生き方」と言う割におっしゃっている事は常識的な気がしました。

TVは全然観ないという桜井さん。でも家にはTVが5台あって一日中ついているそうです。「SMAPはご存知ですか?」と吾郎が尋ねると「女房は知っていると思うよ。」と桜井さん。「コンサート観に来て下さいよ。」と吾郎がアピールすると、「え…?だってゴロウさん達歌下手じゃない。」と桜井さんはズバリと切り返しました。TVを観ないと仰る割にはよくご存じじゃないですか!(苦笑)

最後に桜井さんと吾郎との間で興味深い会話が交わされました。
桜井「真面目にきちんと育てられた子供は不憫だね。不真面目なのも困るけど…。俺も吾郎ちゃんも良い面もあるけれど悪い面もあるだろ?」
吾郎「ありますよ。僕ホントに性格悪いなとか、こんな事を考えてる、酷いなとか。でも出せない。隠しちゃうんです。」
桜井「それを全部出せるという仲間が必要なの。だからまず俺が全部出しちゃう。こんな失敗したとか、こんな悪い事をしたとか。」
吾郎「桜井さんがそうだから今僕も言えたのかも知れない。隠したいとか全然思わなくなった、この30分の間に。」
桜井さんの洞察の深さも見事ですが、吾郎のひらめきの鋭さも凄かったです。最後に火花が散った様に感じました。


ところで、放送批評懇談会(ギャラクシー賞を選定する所です)の4月度マイベストTV賞の候補にゴロデラが上がっています。昨年11月度に3位に入ったので、今回も上位を狙いたい所です。最初にWeb会員登録が必要ですが、それを済ませると毎月投票のお知らせメールが来ますので、今後も吾郎やスマの番組に投票できます。時間のある方は是非投票に参加して下さるようお願いします。
今回の締切は6月4日(月)17時です。
締切が迫っています。投票する方はお早めに!

Web会員登録はこちら→ http://www.houkon.jp/member/index.html

拍手ありがとうございます
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

はちミツ

Author:はちミツ
【注意:当ブログの内容の無断転載は禁止します。】

稲垣吾郎さん大好き、5スマ大好き!の主婦。
吾郎ファン歴は24年目になります。
神奈川県在住。

近況
①毎週水曜日は「an・an」の「稲垣吾郎のシネマ・ナビ」をチェック!。
②吾郎出演映画「少女」は2016年10月8日公開♪
③吾郎出演ドラマ「不機嫌な果実」のDVD、Blu-RayBOXは2016年10月19日発売♪
④「ゴロウ・デラックス」(TBS)もお見逃しなく!


メールは↓へ。
walkwithgoro☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログパーツ
クリックで救える命がある。
リンク集
リンクなさる方はお声をかけて下さい♪
情報リンク
こちらもどうぞ♪
/div>
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる